NOISEMAKER新作「MAJOR-MINOR」、キム・ジョンギ手がけたジャケットイラスト公開

153

NOISEMAKERが10月16日にリリースするCD+DVD作品「MAJOR-MINOR」のジャケットが公開された。

NOISEMAKER

NOISEMAKER

大きなサイズで見る(全2件)

NOISEMAKER「MAJOR-MINOR」ジャケット

NOISEMAKER「MAJOR-MINOR」ジャケット[拡大]

MAJOR-MINOR

NOISEMAKER「MAJOR-MINOR」
Amazon.co.jp

本作のジャケットにはイラストレーター、キム・ジョンギが描き下ろしたイラストを使用。今回のコラボはアートプロジェクト・DOTS COLLECTIVE名義でも活動を行うAG(Vo)、HIDE(G)の熱烈なオファーにより実現した。このイラストに関して、キムは「多くの人々に自分を表現するアーティストの姿をメインに置きました」「自分の作品を披露する時の照れくささと自信が同時に現れるイメージと、楽曲にもある不安や迷いとその裏にある希望を重ねています」とコメントしている。

この記事の画像(全2件)

キム・ジョンギ コメント

様々な技術が発達した現代では色々なツールが増えたことで、手軽に音楽を聞く人が多くなりました。以前にも増して音楽を楽しむ時間も増えているのではないでしょうか。音楽を聴いているときは周りの世界から乖離して、自分だけの世界に入ることができます。それはアーティストたちが作品を創作する時、自分だけの世界に入っていく感じに似ています。作品は大勢の人のために作成する時もありますが、それでも主には自身の創作意欲を満足させることが優先されるのだと思っています。創作する時に伴う苦痛と苦悩は家族でさえ慰めることができません。完全に一人なのです。この時間をぐっと耐えなければ、良い作品は生まれません。
今回描いたイラストは、多くの人々に自分を表現するアーティストの姿をメインに置きました。そして、自分の作品を披露する時の照れくささと自信が同時に現れるイメージと、楽曲にもある不安や迷いとその裏にある希望を重ねています。

AG(Vo)コメント

今回自分達が彼の大ファンで、日本に来た際に直談判をしに行きました。
音と歌詞と手紙を渡し、ダメ元でジャケットを描いて欲しいと頼んだら後日にまさかのOKを頂きました。
今回のリリックの内容、音、世界観をKimさんのフィルターを通してまた一つ、この作品に大きな意味や見え方が加わった様に思います。
こんなに素晴らしい絵を描いてくれたKimさんに感謝です。宝物がまた一つ増えました。
これからも無謀に思える様な理想も、全部現実にしてやろうと思います。
MAJOR-MINOR、最強の音楽と最強のアートの融合をお楽しみに!

全文を表示

関連記事

NOISEMAKERのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 NOISEMAKER の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。