上白石萌歌、音楽活動スタートを宣言「申し遅れました。私adieuと申します」

586

上白石萌歌がadieu(読み:アデュー)名義で音楽活動を本格始動させることが発表された。

adieu

adieu

大きなサイズで見る(全5件)

adieu「強がり」ミュージックビデオのサムネイル。

adieu「強がり」ミュージックビデオのサムネイル。[拡大]

adieuは17歳という年齢以外のプロフィールを非公表の状態で2017年公開の映画「ナラタージュ」の主題歌を担当し、同年10月にシングルリリースしたアーティスト。野田洋次郎(RADWIMPS)が作詞作曲を手がけた楽曲「ナラタージュ」を澄み切った声で歌うadieuが誰なのか、多くの憶測が飛び交ったが公表されることはなかった。そして「ナラタージュ」から約2年の時を経て、上白石が今年8月29日に同シングルのカップリング曲「花は揺れる」、昨日9月5日に新曲「強がり」のミュージックビデオのURLをTwitter(@moka_____k)に投稿。本日9月6日に「申し遅れました私、adieuと申します。愛する音楽を続けてまいります」と自身がadieuであることを明かした。

これまでKIRIN「午後の紅茶」CMシリーズで歌声を披露したり、NHKの企画で米津玄師が制作した「<NHK>2020応援ソング」の「パプリカ」をカバーしたりと、演技だけでなく歌でも注目を集めてきた上白石。今後、彼女がadieuとしてどのような活動を行っていくのか、これからの展開に期待しておこう。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

上白石萌歌のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 上白石萌歌 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。