音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

King & Prince岸優太&神宮寺勇太ら“ジャニーさんソウル”胸に「ドリボ」の舞台へ

2509

左から紫吹淳、岩崎大昇(美 少年)、神宮寺勇太(King & Prince)、岸優太(King & Prince)、高橋優斗(HiHi Jets)、鳳蘭。

左から紫吹淳、岩崎大昇(美 少年)、神宮寺勇太(King & Prince)、岸優太(King & Prince)、高橋優斗(HiHi Jets)、鳳蘭。

King & Prince岸優太神宮寺勇太、HiHi Jetsの高橋優斗、美 少年の岩崎大昇、紫吹淳鳳蘭らが出演する舞台「DREAM BOYS」が昨日9月3日に東京・帝国劇場で開幕した。

ジャニー喜多川氏がプロデュースし、滝沢秀明ら多彩なキャストが出演してきた「ドリボ」シリーズ。ボクシングを通じて夢を追う少年の姿が描かれる。

4代目座長の岸は、今回の見せ場である1.5メートル四方のキューブを操る大技について言及。ジャニー氏もお気に入りだというこの技を「岸四角(きしかく)」と名付けた。「ドリボ」出演に際し、舞台経験豊富な堂本光一(KinKi Kids)から助言を受けた岸は「『筋肉を見せすぎてドヤ顔するのは止めろ』と言われました」と話し、神宮寺は「“三方礼”を教わりました。その手の動きがカッコよすぎて……」と目を輝かせた。

劇中のボクシングシーンのため、体作りに励んできた岸と神宮寺。体重が共に55キロだと明かすと、記者から驚きの声が上がった。最後に神宮寺は「ジャニーさんも見てくれてると信じてがんばります」、岸は「“ジャニーさんソウル”を受け継ぎ、舞台を通じて夢や希望を与えていきたいです」と意気込んだ。

※高橋優斗の「高」ははしご高、岩崎大昇の「崎」は立つ崎が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー