菅原紗由理、新曲がテレ朝人気ドラマ「科捜研の女」主題歌に

13

菅原紗由理の新曲「『好き』という言葉」が、7月8日(木)よりオンエアされるテレビ朝日系ドラマ「科捜研の女」の主題歌に起用された。

写真は6月25日の招待制ライブ「素直になれなくて -Special Live-」より。

写真は6月25日の招待制ライブ「素直になれなくて -Special Live-」より。

大きなサイズで見る

先日感動の最終回を迎えたフジテレビ系ドラマ「素直になれなくて」では、同名の挿入歌を担当したほか、第8話では女優としての出演も果たし話題となった菅原紗由理。初のドラマ主題歌となる新曲「『好き』と言う言葉」は、彼女の通算4枚目のシングルとして9月1日にリリースされる。

テレビ朝日系「木曜ミステリー」の最新作となる「科捜研の女」は、沢口靖子演じる法医研究員の姿を描いたサスペンスドラマ。1999年の放送開始から2009年までの11年間で合計9シリーズ、スペシャル2本が制作された人気ドラマの最新作となる。これまでZARD、コブクロ、aikoほかそうそうたるアーティストが主題歌を務めてきたドラマとあって、今回の楽曲も大きな注目を集めることになりそうだ。

菅原紗由理は6月25日、原宿アストロホールにてファン350名を招待してのスペシャルライブ「素直になれなくて -Special Live-」を実施。1万人を超える応募者の中から選ばれた幸運なファンを前に「素直になれなくて」など9曲を歌い、アンコールでは新曲「『好き』という言葉」を初披露した。

THE SxPLAYのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE SxPLAY の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。