音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ゆず、東京オリンピック聖火ランナーを「SEIMEI」で応援「生命を焦がすような曲」

2180

左から桐生祥秀選手、ロバート・秋山竜次、綾瀬はるか、北川悠仁、岩沢厚治。

左から桐生祥秀選手、ロバート・秋山竜次、綾瀬はるか、北川悠仁、岩沢厚治。

日本生命による2020年東京オリンピックの聖火リレーランナー募集企画が6月24日よりスタートする。この聖火リレーを盛り上げる「チームニッセイ」のメンバーにゆずが選ばれ、本日6月17日に東京都内で行われた記者発表会に登壇した。

「チームニッセイ」のメンバーにはゆずのほか、女優の綾瀬はるか、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次、日本生命所属アスリートの桐生祥秀選手が就任し、聖火リレーに関するさまざまな企画に参加する。また6月24日より放送される聖火ランナー募集CMには、ゆずの楽曲「SEIMEI」が使用される。

ゆずは現在、弾き語りドームツアー「ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~」を開催中。会見の中でCMソングの「SEIMEI」について尋ねられた北川悠仁は「ドームツアーに向けて書いた曲ですが、『大切な絆』というCMのテーマにぴたっと合致して使っていただけることになりました」と説明し「全編弾き語りで作り上げた曲なので、いつもの曲よりもむき出しの強さというか、タイトルの通りに生命を焦がすような曲になっています」と聴きどころをアピールした。

同じく会見に登壇した桐生選手はレース前にゆずの代表曲「栄光の架橋」を聴いているとのこと。桐生選手が「普段聴いていると“試合感”が出ないので、いつも試合の前にだけ『栄光の架橋』を聴いているんです。これからは『SEIMEI』を聴いたら『オリンピックが近づいてきたな』と、また違う感じで聴けると思います」と語ると、岩沢厚治は「(『栄光の架橋』は)とっておきな感じですか?」、北川は「ありがとうございます!」とそれぞれ笑顔を浮かべていた。

どんな人に聖火ランナーに応募してほしいかを尋ねられると、北川は「地元を盛り上げたい人に」、岩沢は「間口が広いのでどなたでも、皆さんこぞって応募してほしいですね」とコメント。またCMのテーマにちなみ「大切な人に伝えたい思い」をフリップに書いて答えるコーナーでは、北川が2人を代表して「デビューして22年、いつもそばには応援してくれるファンの皆さんがいました。ありがとうという気持ちを伝えたい」と、ファンへの感謝を熱く語った。

日本生命の聖火ランナー募集サイトでは今後「SEIMEI」を使用したCM映像、さらに「チームニッセイ」のメンバーが6秒間でランナーの募集を呼びかける動画「チームニッセイ 聖火ランナー勧誘 6秒チャレンジ」などを公開予定。

音楽ナタリーをフォロー