音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

森山直太朗×J-WAVEライブで新作ナンバー披露&饒舌トーク

6月20日、東京・SHIBUYA-AXにてライブイベント「J-WAVE BOOM TOWN Sounds Green Live featuring 森山直太朗」が開催された。

まず、J-WAVE「BOOM TOWN」のナビゲーターでありこの日のMCを務めるクリス智子の挨拶からイベントはスタート。そして本日の主役を呼び込み、大きな拍手に迎えられて森山直太朗が登場するとすぐさま1曲目「何処かで誰かが」の演奏が始まった。

続いて、コンガのリズムがオーガニックな雰囲気を醸す「ラクダのラッパ」、美しい情緒を感じさせる歌詞が印象的な「花鳥風月」とニューアルバムの曲順どおりに進行。3曲を終えたところで一息ついた直太朗は、「直太朗ー!」「直ちゃーん!」という呼びかけに応えて「どうもありがとう! こんばんは、森山直太朗です。今日はよろしくお願いします」と挨拶した。

直太朗はMCを続け、「6月9日にアルバムをリリースしました。今回、そのアルバムを聴いてくれた『BOOM TOWN』の皆さんがぜひ『Sounds Green』一緒にやろうじゃないかと。で、こういうライブをやることになりました」と説明。さらにここでバンドメンバーの紹介も入れ、アルバムのプロデューサーであり本日のバンマスを務める石川鷹彦(G)、アルバム制作にも参加した倉田信雄(Pf)、三沢またろう(Per)の3人を紹介した。

その後も、さらに最新アルバムからのナンバーを披露。梅雨シーズンにピッタリの「雨だけど雨だから」の後は、「グングルパーニャ」「アメリカにいるみたい」と異国を題材にした2曲を届ける。するとここで、以前J-WAVEでレギュラー番組「OH! MY RADIO」のパーソナリティを担当していたことを切り出した直太朗。この番組でよく生歌披露を行っていた彼だが、「次に歌うのは、その『OH! MY RADIO』の最終回で最後に歌った1曲です」。そう話して始まった「星がキレイな夜だから」は、渾身の歌声と観客の大きな手拍子が相まって最高のムードを作り出した。

大拍手を浴びてうれしそうな笑顔をみせる直太朗とともに、ライブは次なるセクションへ突入。「今日はアルバムを中心にお送りしていってますが、ちょっと過去の曲も」ということで「さくら」や「声」、そして「生きてることが辛いなら」といった彼の代表曲を、今宵限りのバンドで演奏した。

次に、ハーモニカも披露されるフォークナンバー「夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている」を歌い終えた直太朗は、2年3カ月ぶりのニューアルバムについて改めて語った。「いろんなものとの出会いがあってアルバムができました。このライブもその道のりの先にあったものですし、このアルバムがこれからどういう出会いをしていくのか、僕は追っかけていきたいと思います」。この言葉に客席から「アルバム最高ー!」との声が上がると、「1人ずつみんなと『アルバムどう?』って語り合いたいんですけど、それもそれでめんどくさいし(笑)」と彼らしく突き放す場面もあったが、本編ラストは未発表曲「言葉にすれば」を披露し、愛と感謝を伝えるスローバラードで観客を魅了した。

ここでライブ本編は終了し、MCのクリス智子と直太朗によるトークコーナーへ移る。「BOOM TOWN」に直太朗がゲスト出演する際にもついつい喋り過ぎてしまうという2人は、テンポ良く爆笑トークを繰り広げ、本日のリハーサル話、アルバムの制作エピソード、直太朗の趣味であるサッカー話、今後の活動予定などを大いに語り合った。

ファンからせがまれ、「まぁ、まったく予定になかったと言ったらウソになるんですけども」と始まったアンコールでは、アルバム本編の最後に収録されている「知らないことが多すぎる」を1人きりで弾き語り。観客は最後の一音が鳴り止むまでじっと耳を傾け、盛大な拍手でこの日のパフォーマンスをたたえる。直太朗は「どうもありがとうございました。またライブで会いましょう。さようなら!」と晴れやかな笑顔でステージを去った。

なお、このライブとトークの模様は6月28日(月)から7月1日(木)放送の「BOOM TOWN」番組内「Sounds Green」のコーナーでオンエア。また、7月3日(土)深夜24:00からは1時間にわたってこの日の収録音源を流す特番がオンエアされる。

「J-WAVE BOOM TOWN Sounds Green Live featuring 森山直太朗」セットリスト

01. 何処かで誰かが
02. ラクダのラッパ
03. 花鳥風月
04. 雨だけど雨だから
05. グングルパーニャ
06. アメリカにいるみたい
07. 星がキレイな夜だから
08. さくら
09. 声
10. 生きてることが辛いなら
11. 夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている
12. 言葉にすれば

<アンコール>
13. 知らないことが多すぎる

音楽ナタリーをフォロー