音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

結成30周年を迎えたLUNA SEA「さらなる高みを目指す」と約束した日本武道館公演

1991

LUNA SEA(撮影:田辺佳子、橋本塁)

LUNA SEA(撮影:田辺佳子、橋本塁)

LUNA SEAが5月31日、6月1日に東京・日本武道館でワンマンライブ「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- 日本武道館2days」を開催した。この記事では5月31日公演の模様をレポートする。

5月29日に結成30周年を迎えると同時に、両A面シングル「宇宙の詩 ~Higher and Higher~ / 悲壮美」をリリースしたLUNA SEA。節目を飾る日本武道館公演は両日のチケットが完売し、会場いっぱいにSLAVE(LUNA SEAファンの呼称)が集結した。

初日公演では場内が暗転すると同時に、ライブシーンを中心とした歴代のLUNA SEAのクロニクル映像が流れ、シンフォニックバージョンの「LOVELESS」がオープニングを飾る。アリーナエリアの観客頭上にピラミッド型に配されたレーザーが立体的に照射され、暗がりのステージにRYUICHI(Vo)、SUGIZO(G, Violin)、INORAN(G)、J(B)、真矢(Dr)が登場。特効の爆発音と共に人気曲「Dejave」の演奏をスタートさせて冒頭から一気に観客の心を鷲掴みにし、結成30周年という新たな門出に立った今のLUNA SEAにぴったりの楽曲で武道館公演の幕開けを飾った。

武道館公演のステージセットは360°を観客が取り囲む仕様に。メンバーの立つステージの床はLEDスクリーンになっており、楽曲に合わせたVJ演出が彼らの演奏に華を添える。「PRECIOUS...」ではRYUICHIが後方の観客にも手を振り、SUGIZOが花道を疾走。INORANとJは肩を並べてストイックなステージングを見せた。RYUICHIは「みんな会いたかったぜ! LUNA SEA、30周年を迎えました。ここまで走り続けてこられたのもみんながいたおかげ。感謝というか……壊れてしまいたいです」とクールに述べ、悲鳴にも近い歓声を浴びた。続く「JESUS」では稲妻のようなレーザーが武道館の上部に照射される派手な演出が用意され、「DESIRE」ではSUGIZOがRYUICHIと見つめ合うような体制でギターソロを奏でる。さらに「SHINE」ではJがステージサイドから伸びた花道の先端に立ち、1階席の観客の目の前でパフォーマンス。人気曲のオンパレードに場内はライブ序盤から大盛り上がりとなった。

「武道館こんな暑かったっけ? 待っててくれたの? 俺たちもこの日が来るのを待ってたから。たぶん世界で一番幸せな5人だと思います」と述べたRYUICHIが、「今、俺たちが一番自信のある世界、これからもみんなに、届けていくからね。じゃあ新曲いってみようか」と前置きして始まったのは、最新曲「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」。青を基調とした無数のレーザーやライトが楽曲の幻想的な世界観を彩る中、壮大なサウンドが武道館を包み込んだ。新曲の余韻を残したまま、真矢のカウントから「gravity」へ。INORANが極上のクランチ、クリーントーンを鳴らし、Jが野太くずっしりとしたサウンドのベースラインを奏でる。さらにSUGIZOがエフェクティブなギターサウンドをアウトプットし、そこにRYUICHIの憂いのある歌声が重なっていくLUNA SEAならではの盤石のアンサンブルが繰り広げられた。続いてスポットライトの下にSUGIZOがバイオリンを構えて登場し、床に水の波紋が広がるVJ演出を交えて届けられたのは「Providence」。RYUICHI、バイオリンを持ったSUGIZO、アコースティックギターを抱えたINORANの3人は歌声と楽器の音色を魅力的に伝えるアンサンブルを聴かせた。静寂ののちJと真矢が合流し、「GENESIS OF MIND ~夢の彼方へ~」ではSUGIZOがトリプルネックのギターを奏でた。

次に始まったのは真矢によるドラムソロコーナー。今回は和楽器奏者を従え、厳かかつワイルドなソロを展開し、おなじみの「真矢」コールを巻き起こす。「俺たちは無事に30周年を迎え、31周年目はもっともっと絆を深めて、愛し合おうぜ! もっと来いよ!」「やっはりおまえら“セレブ”は最高にカッコいいぜ!」という真矢の叫びに続いてJがステージへ。アッパーなEDMのトラックに合わせて骨太なベースサウンドとシャウトを聴かせ、観客を見渡して笑顔を見せたJが「すげーな武道館! 30年分の思いを込めて、今日と明日、すっ飛ばしていこうぜ! いけるかー!」と煽ると、真矢が鋭いビートを刻み、5人がステージにそろったところで「FATE」を投下。インディーズ時代からあるショートチューンで武道館を大きく揺らした。

RYUICHIは「ほんと暑いね。暑すぎてシャツ着替えちゃったよ。ここにいたら5kgぐらい痩せそう。30周年本当にどうもありがとね。30年だよ! このメンバーで30年。終幕してた時期があったとはいえ、LUNA SEAの音楽をずっと愛している5人で、みんなももちろんLUNA SEAを愛してくれていて。これから起こること、みんなに届けていくものはきっと熱いものなんで、古臭い言い方するけど……ヤケドしないようにな!」と呼びかけ、「I for You」をファンに捧げた。ライブ後半、「STORM」「ROSIER」とアッパーチューンを畳みかけて観客の熱狂を誘ったLUNA SEAは、ラストに「BELIEVE」を投下。場内の一体感を高め、ステージをあとにした。

アンコールは再びRYUICHIのMCから始まり、「みんな『ガンダム』(『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』)見てる? SUGIちゃんが音楽監督をやるって話を聞いて、『おお、きたー』って思いましたね! 僕も作りました、シャアザク。当時は小さかったので失敗しましたけど。『ガンダム』の中にある痛みとか傷とか影が、LUNA SEAの音楽に光を与えてくれるのかなって思います。じゃあみんなに送るね、新曲」と、ここでリリースされたばかりの両A面シングルからミディアムチューン「悲壮美」を披露した。

その後、フレンドリーな雰囲気でメンバー紹介が行われ、RYUICHIは真矢を紹介すると共に「ドラムソロ、世界観がすごかった!」と語り、Jは「30周年、おめでとうございます」とRYUICHIに向けて丁寧にお辞儀。RYUICHIはLUNA SEA加入前にバンドにアポイントを取った相手はJだったと話し、Jは「30年間ずっと忘れられないことがあって……いまだになんでドーナツを2個だけ持って来てたんだろう? 俺たちはずっと悶々としたまま」と突然RYUICHIがアポイントの際に持参したドーナツの思い出を振り返り、RYUICHIは「4人バンドだったLUNA SEAのために4つ持っていったはずなんだけど、おかしいな」と返す。INORANは「俺がドーナツって言ったら2個って言ってくれ!」と観客とコール&レスポンス。RYUICHIは「こらこら、おかしいでしょ」と笑顔を見せた。和やかなトークから一転、SUGIZOは「『ガンダム』という最高のタッグを得ることができ、そしてスティーブ・リリーホワイトという最強のプロデューサーを迎えることができ、僕らにとって最高の翼を得ることができました。30周年を迎えてなお、LUNA SEAはまだ始まったばかりです。これからさらにさらに高みを目指して、みんなを連れていくよ」と思いの丈を述べた。RYUICHIは改めて“ドーナツ事件”に疑問を抱き、「おかしいなあ。絶対ドーナツは4つ持っていったはず。真ちゃんは何か真実を知ってるんじゃない?」と真矢に質問。真矢は「確かに、僕が受け取ったときは4つでした。30年経ったからいいと思うんですけど、僕が隠れて2つ食べました」と、30年越しのミステリーの真実を明かした。

朗らかなトークパートのあとに届けられたのは、きらびやかな世界観の「Hold You Down」。続いてRYUICHIが「はみ出しちゃいましょうか!」と叫び、INORANのギターカッティングからキラーチューン「TONIGHT」へとなだれ込む。Jが観客にベースを触れさせるといったサービス精神旺盛なパフォーマンスもありつつ、会場の興奮はピークに達していく。その熱気を保ったまま、RYUICHIは「武道館! お前ら全員、かかって来い!」と力強くシャウト。ラストナンバー「WISH」が始まると同時に銀テープが勢いよく発射され、LUNA SEAは全点灯された明るい日本武道館でファンへの感謝を込めてパフォーマンスし、華々しくライブを締めくくった。終演後には、30周年を迎え、これからも未来に向かって突き進んでいくという思いがメンバーそれぞれの口から伝えられ、温かい拍手を浴びながらステージを去っていった。

LUNA SEAは12月に10枚目のオリジナルアルバム(タイトル未定)をリリース。U2、The Rolling Stones、ピーター・ガブリエルなどを手がけ、5回のグラミー賞受賞歴を持つスティーブ・リリーホワイトをプロデューサーに迎えた、LUNA SEA初の共同プロデュース作品となる。さらに12月21、22日には埼玉・さいたまスーパーアリーナにてクリスマスライブ「LUNATIC X'MAS 2019」が開催される。アルバムの続報と併せて、結成30周年を迎えたLUNA SEAの今後の活動を楽しみにしておこう。

「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- 日本武道館2days」2019年5月31日 東京都 日本武道館 セットリスト

01. Dejavu
02. PRECIOUS...
03. JESUS
04. DESIRE
05. SHINE
06. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~
07. gravity
08. Providence
09. GENESIS OF MIND ~夢の彼方へ~
・Drum Solo(乱序)~Bass Solo
10. FATE
11. I for You
12. IN SILENCE
13. STORM
14. ROSIER
15. BELIEVE
<アンコール>
16. 悲壮美
17. Hold You Down
18. TONIGHT
19. WISH

LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X'MAS 2019

2019年12月21日(土)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
OPEN 15:30 / START 17:00
2019年12月22日(日)埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
OPEN 14:30 / START 16:00

※「Dejavu」のeはアキュートアクセント、aはグレイヴアクセント付きが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー