音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

コレサワ×クインテット!新たな魅力発揮した「おめかしツアー」終幕

593

コレサワ(撮影:小坂茂雄)

コレサワ(撮影:小坂茂雄)

コレサワが5月24日に東京・ヒューリックホール東京でツアー「コレサワ ワンマンツアー2019『おめかしツアーvol.1』」の最終公演を行った。

今回のツアーでコレサワは通常のバンド編成ではなくバイオリンとの2人編成で各地を回った。そして大阪公演と最終日の東京公演は弦カルテットにピアノを加えた特別編成に。また今回のツアーでは来場者に「白とパープル」というドレスコードが設けられ、この日も会場には思い思いにドレスアップしたファンが集まった。

クインテットが舞台上にスタンバイし、優しく音を重ねるとライブはスタート。白とパープルの2色でコーディネートしたコレサワはフリルスカートのすそを少しつまんでお辞儀し、自身がストリングスアレンジをした「シュシュ」を歌った。

曲を終えておなじみのギターを抱えると、彼女は「いつもと違ったコレサワを楽しんでいただけたらと思います」と挨拶。続いて届けられたのはひさびさの披露となった「失恋ソングを歌ったあとに」で、コレサワのギターの音を合図に明るく転調する晴れやかなアレンジで観客を楽しませる。続く「あたしを彼女にしたいなら」ではコレサワの呼びかけに観客が軽やかなクラップの音を響かせ、場内は楽しげなムードに包まれた。

ポップなエレクトロサウンドが特徴的な「バックアップ」も、この日は流麗なストリングスの音色でオリジナルとはがらりと印象を変えた聴き心地に。曲の冒頭にはコレサワによるメンバー紹介も行われ、クインテットの面々はそれぞれにスキルフルな演奏で歓声を誘った。またライブ中盤には編成を変えて楽曲が披露されるパートも設けられ、「最終電車」はピアノとコレサワのギター、「女子諸君」「君とぬいぐるみ」はギターの弾き語りで届けられる。そして「笑えよ乙女」の演奏は全公演に参加した1stバイオリンの島内晶子とコレサワの2人で行われ、コレサワは島内の紡ぎ出す温かな音色に優しい歌声を重ねていた。

みゆはんに楽曲提供した「恋人失格」のセルフカバーがプレイされたのち、フルメンバーが再びステージ上にそろうと公演も佳境。客電が点いて明るくなった会場に響いたのは「君のバンド」で、コレサワは客席に歌声を求めて会場全体を巻き込んでいった。切ないピアノのイントロからドラマチックに展開した「いたいいたい」ののちに披露された彼女の代表曲「たばこ」も、クインテットの伴奏で一層ドラマティックに響く。そして「最後の有給」を前に、コレサワはこの曲のレコーディングでストリングスに参加してもらったことを機に「いつか弦楽器とツアーを回りたいと思った」というエピソードをファンに伝える。「ツアーのきっかけになった曲」という紹介と共に演奏されたこの曲で、舞台上の6人は豊かなハーモニーを紡ぎ出して観客を魅了した。

ラストの「SSW」では「最後は立つか!」というコレサワの声をきっかけに、観客は総立ちに。彼女の普段とはひと味違った魅力が存分に発揮された「おめかしツアー」は、にぎやかな雰囲気の中で終幕した。演奏を終え、満足げな笑みを浮かべたコレサワは「また会いましょう!」とひと言。メンバーと観客へ感謝を伝えてステージをあとにした。

コレサワ「コレサワ ワンマンツアー2019『おめかしツアーvol.1』」2019年5月24日(金)ヒューリックホール東京 セットリスト

01. シュシュ
02. 失恋ソングを歌ったあとに
03. あたしを彼女にしたいなら
04. バックアップ
05. パープル
06. 悪いユメ
07. 最終電車
08. 女子諸君
09. 君とぬいぐるみ
10. 笑えよ乙女
11. 恋人失格
12. 君のバンド
13. いたいいたい
14. たばこ
15. 最後の有給
16. SSW

クインテットメンバー

島内晶子(1st Violin) / 島田光理(2nd Violin) / 金子由衣(Viola) / 冨田千晴(Cello) / 藤澤有沙(Piano)

音楽ナタリーをフォロー