音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46白石麻衣と古田新太「俺スカ」でそろってウエディングドレス姿に

740

「俺のスカート、どこ行った?」第6話より、古田新太と白石麻衣(乃木坂46)。(c)日本テレビ

「俺のスカート、どこ行った?」第6話より、古田新太と白石麻衣(乃木坂46)。(c)日本テレビ

5月25日(土)放送の日本テレビ系ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」第6話で、白石麻衣乃木坂46)と古田新太がそろってウエディングドレス姿を披露することが明かされた。

「俺のスカート、どこ行った?」は古田新太演じるゲイで女装家の高校教師・原田のぶおが私立・豪林館学園高校に着任し、歯に衣着せぬ“原田節”を炸裂させていく学園ドラマ。白石は原田の同僚教師・里見萌を演じており、第6話では両親が勧めるままに見合い結婚と退職が決まってしまった里見と、彼女の本当の気持ちを知った原田の行動が描かれる。なお6話の撮影を終えた白石は「私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方が良い意味で“ぶっ飛んでて” いいなと思っています笑」とコメントしている。

また番組のTwitter公式アカウントでは抽選で3組6名を「教室セット見学ツアー」に招待するキャンペーンを実施中。応募方法など詳細はTwitterで確認を。

白石麻衣(乃木坂46)コメント

ウエディングドレスを着るのは5回目くらいなんですけど、今回は隣に原田のぶお先生がいてくれたので、安心してホッとできました。原田先生のウエディングドレス姿がすごくかわいいんですよ。ドレスも身に着けているものも全部かわいいです。6話は台本を読んだときに深い話だなと思いました。自分が親に結婚を決められるとしたら、私だったらあきらめたくないし、里見先生も親のためとか考えて葛藤したと思うけれど、原田先生の言葉で救われて変わるんですよね。私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方が良い意味で“ぶっ飛んでて”いいなと思っています笑。今回は教師として教壇に立つシーンもあるんです。学生の時に日直でみんなの前に出て一人でスピーチするというのがあって、私、苦手だったんですよ笑。でも緊張感のあるシーンだし里見先生の言葉をしっかり伝え たいです。とにかく6話は、どれか一つに絞れないくらい良いセリフがいっぱいあるので、どこかで共感してもらえると嬉しいです。

日本テレビ系「俺のスカート、どこ行った?」

2019年5月25日(土)22:00~22:54

音楽ナタリーをフォロー