音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ロジャポ5人で叶えた中野サンプラザ公演、活動終了するも“オトモダチ”と再会を約束

754

ロッカジャポニカ「ROCK A JAPONICA "FRONTIER" LIVE ~中野サンプラザ 平成最後のアイドルコンサート~」の様子。

ロッカジャポニカ「ROCK A JAPONICA "FRONTIER" LIVE ~中野サンプラザ 平成最後のアイドルコンサート~」の様子。

ロッカジャポニカが4月29日に東京・中野サンプラザホールでワンマンライブ「ROCK A JAPONICA "FRONTIER" LIVE ~中野サンプラザ 平成最後のアイドルコンサート~」を行った。

グループ史上最大規模のワンマンライブとして開催された本公演。「OVERTURE」で場内の温度が高まる中、1336人のオトモダチ(ロジャポファンの呼称)の前に姿を現したロジャポは、メジャーデビュー曲「ワールドピース」でライブの幕を開ける。曲中には平瀬美里が「会いたかったよ」というセリフを「中野サンプラザで会いたかったよ」に変えて叫び、大きな歓声を浴びた。続けて4人はリーダー内山あみの実姉・あいにゃん(SILENT SIREN)が作詞を手がけた「ASTRO GIRL」、ライブの人気ナンバー「WEE FIGHT OH!!!!!」を披露。最初のMCでは元気よく自己紹介し、平成最後の中野サンプラザホールでのアイドルコンサートを開催できたことをオトモダチと喜んだ。

「世直しタイムスリップ」で「一揆!」というコール&レスポンスを響かせたメンバーは、バラエティに富んだステージで会場の熱気を上昇させていく。「放課後アフタースクール」ではステージ上に設置された階段を存分に使ったパフォーマンスを展開し、「独特道徳ドクトリン」ではオトモダチと一緒に勢いよくジャンプ。さらに活動第2章“脳学習シーズン”の第1弾作品である「最the高」を披露した彼女たちは、スクリーンに映し出されるミュージックビデオをバックに「タンバリン、凛々」をさわやかに歌唱した。

内山が制作したというVTRの上映後、4人はグループのロゴが散りばめられた新衣装に着替えてステージに登場。アニメ「たこやきマントマン」のオープニングテーマをアレンジした「タコ感 ロッカジャポニカ」で大縄跳びを繰り広げたのち、客席通路に降りてオトモダチの近くで「Chillっ子同盟」を歌った。ライブ中盤には4月8日に脱退を発表した椎名るかのセンター曲「全力大実験!」「MUSIC FANTASY」や、「Dreaming Road」「NEW CROWN」といったナンバーがメドレーで披露され、スクリーンに過去のライブ映像が上映されたほか、椎名のパートでは本人の歌声が場内に流れた。また4人は椎名のソロ曲「Memories」を熱唱し、会場を感動的なムードに染め上げる。内山は「5人で中野サンプラザで歌うことができました」と感慨深い様子で語った。

内藤るなの「ここからはブチアゲパートですよ!」という言葉をきっかけに、ロジャポは次のブロックでアッパーチューンを連発する。「SPARKLE TOUR!!」では風船が客席の上を舞い、「ぶっちぎりデイズ!!」ではメンバーがサインボールをオトモダチに向かって投げ込んだ。そして4人は「わたしの地図」や「だけどユメ見る」を力強く歌い上げ、「記憶のサイズ」でオトモダチと共にペンライトを振って会場に一体感を生み出した。ライブ本編最後のMCでは、内藤が「今日を迎えるまでにいろんなことがあって、不安な中で『ロッカジャポニカってなんなんだろう』と考えたことがありました。そして今日のライブでスタッフさんとメンバー、オトモダチの皆さんと作り上げてきた空間や景色そのものがロッカジャポニカなんだとわかりました」と述べる。平瀬は「大切なものを失うことへの恐怖があって。でも、だからこそ気付く大切さもあります」「つらいことや悲しいことがあるから、より大きい幸せや喜びを感じることができています」と話し、高井千帆は本公演に向けて行われた全国ツアーを振り返りつつ、「私たちの夢を一緒に叶えてくれたオトモダチの皆さん、本当にありがとうございました!」と挨拶。本公演をもってグループを脱退し、所属事務所のスターダストプロモーションとの契約も終了となる内山は「今日は皆さんに感謝を届けようと思ってたんですけど、届きましたか?」とオトモダチに呼びかけ、「毎回が本当に宝物でした。今日私たちに会いに来てくれて本当にありがとうございました。最高の思い出になりました!」と感謝の気持ちを伝えた。

アンコールに応えて再登場した4人は「教科SHOCK!」、3B junior時代からカバーしているももいろクローバーZ「走れ!」をパフォーマンス。ラストナンバーとして初のオリジナル曲「歌いたいのうた」を歌唱した。全26曲を歌い終えたところで、内藤は「私のくだらないギャグで笑ってくれるのはあみぽん(内山)だったし、ライブでも私が伝えたかったことをキラキラした言葉でまとめているあみぽんの背中が大きく見えたし、思い返すとあみぽんのことが大好きでした。何かあると『こんなリーダーでごめんね』って言ってたけど、私は本当にあみぽんがリーダーでよかったと思ってます」と話し、平瀬は涙を流しながら「あみぽんの優しさとか、人と違った考え方とか、ちょっと頑固なところとか。あみぽんからいろんなことを教えてもらいました」「明日からは別々の道に進んでいくけど、お互い幸せだと思える道を開いていこうね。さよならじゃなくて、またね」と内山に呼びかける。

続く高井は「あみぽんの人生は私たちの人生でもあったから気持ちを変えられなかったのは正直悔しいです。だから、幸せになってくれなきゃ困ります」と胸の内を吐露し、「ロッカジャポニカのメンバーでいてよかったですか?」「オトモダチと出会えてよかったですか?」「アイドルとして思い残すことがないですか?」と問いかけた。それに対して笑顔で返事をした内山は「みんなと駆け抜けてきた日々はここにキラキラと輝いているので、この先心が曇っちゃいそうなことがあっても大丈夫だという自信につながっています」と胸に手をかざしながら語り、「この先、これ以上大好きな空間に出会えるかわからないけど、そんな場所を作れるように前を向いて全力でKeep Goingしていきます」とコメント。メンバーの目を見て「私はずっとみんなの味方だから、つらいことがあったりしたらまた面白いことしようね」、オトモダチに向かって「勝手に一生オトモダチだと思っています。そう思ってもいいですか?」と呼びかけて会場を温かい空気で満たした。

その後ステージに衣装に身を包んだ椎名がサプライズで登場すると、4人は号泣。メンバーと抱き合った椎名は「最後の最後に同じ衣装を着て、5人で中野に立てたことがうれしいな」と笑顔を見せた。そして5人による「以上私たち、あなたと生きる学習帳! ロッカジャポニカでした!」というお決まりの挨拶が中野サンプラザホールに響きわたり、内山と椎名が先にステージから退場したあと、高井はロジャポの活動が終了することを発表。会場がざわつく中、「正直こういう形で今日を迎えるとは思ってなかったです」「これからどうするんだろうという不安もたくさんありました。でも、今日ライブをしていて皆さんに背中を押されました。私のやりたいことはまだまだこのステージ上にあるんだなと明確にわかりました。みんなの笑顔は私たちにしか守れないということを証明したいと思いました」と思いを述べた。また平瀬が「私には諦めきれないことが3つあって。1つは叶えたい夢があること。2つ目はこの3年間ではやりきったとは言えないということ。そして3つ目は、まだみんなに会いたいということ」「今の心境は『だけどユメ見る』です」と話し、内藤も「私たち、これからは花道だけを歩いていこうね」と続けると、高井は「これからも私たちは皆さんの前に立ち続けます! この夏、同じチームで皆さんの前に戻ってくることを必ず約束します!」と宣言。内藤の「皆さん、そのときまで待っててくれますか!?」という言葉に、オトモダチは大歓声で応えていた。

新体制での活動は、7月15日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで開催されるEVIL LINE RECORDS主催のライブイベント「EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES.“EVIL A LIVE” 2019」にてスタートする予定。

ロッカジャポニカ「ROCK A JAPONICA "FRONTIER" LIVE ~中野サンプラザ 平成最後のアイドルコンサート~」2019年4月29日 中野サンプラザホール セットリスト

SE. OVERTURE
01. ワールドピース
02. ASTRO GIRL
03. WEE FIGHT OH!!!!!
04. 世直しタイムスリップ
05. ボクタチ、ワタシイロ
06. ダサくなきゃ信じない
07, 放課後アフタースクール
08. 神様になれるプログラム
09. 独特道徳ドクトリン
10. 最the高
11. タンバリン、凛々
12. DIVE TO VIEWS
13. タコ感 ロッカジャポニカ
14. Chillっ子同盟
15. 全力大実験!~MUSIC FANTASY~Dreaming Road~NEW CROWN
16. Memories
17. SPARKLE TOUR!!
18. ぶっちぎりデイズ!!
19. BUSY
20. わたしの地図
21. Saint Mental gift
22. だけどユメ見る
23. 記憶のサイズ
<アンコール>
24. 教科SHOCK!
25. 走れ!
26. 歌いたいのうた

※記事初出時、本文の一部に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

(撮影:小坂茂雄、草間智博)

音楽ナタリーをフォロー