「FUCK and FUCK」で映画「世界でいちばん悲しいオーディション」を振り返る

492

WACKとSWの企画によるZINE「FUCK and FUCK」の最新号が4月30日に刊行される。

「FUCK and FUCK」最新号表紙

「FUCK and FUCK」最新号表紙

大きなサイズで見る

最新号では1月に公開された映画「世界でいちばん悲しいオーディション」を特集。岩淵弘樹監督と、WACK代表の渡辺淳之介による対談をはじめ、2018年の「WACK合同オーディション」に参加したBiSHのモモコグミカンパニー、GANG PARADEのキャン・GP・マイカ、BiSのペリ・ウブ、パン・ルナリーフィの座談会、オーディションに合格した候補生たちによる同期座談会、バクシーシ山下エリザベス宮地らによるカメラマン座談会が掲載される。また今年3月に行われた「WACK合同オーディション2019」の密着レポート、カメラマン・外林健太の撮り下ろし写真も収載される。

「FUCK and FUCK」はナンバリング入りの数量限定商品。SWの通販サイトでは、本日4月16日から1週間限定で予約申し込みを受け付けている。

関連記事

BiSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE / 渡辺淳之介 / バクシーシ山下 / エリザベス宮地 / 岩淵弘樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。