音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

バックドロップシンデレラ、ENTH、ONIONRINGが熱演「ナタリーコーリング」

201

「ライブナタリーpresents ナタリーコーリング」終演後の記念写真。(撮影:優瞳)

「ライブナタリーpresents ナタリーコーリング」終演後の記念写真。(撮影:優瞳)

サーキットイベント「TOKYO CALLING」とナタリーによるライブイベント「ナタリーコーリング」が3月29日に東京・CHELSEA HOTELにて開催された。

「ナタリーコーリング」シリーズの初回となったこの日は、バックドロップシンデレラENTHONIONRINGの3組が出演した。トップバッターのONIONRINGは登場するなり「A View I Want To Show You」「Photograph」といったメロディアスなナンバーを連投して場内を温めていく。さらにTakeshi(Vo, G)が「俺たちの夢は終わらない!」と声を上げてから始まった「Indigo Blue」や、Takeshiの弾き語りから始まる「Summerend」では盛大なシンガロングが発生するなど感動的なムードも生み出した。ラストナンバー「Fireworks」ではフロアのファンも我慢ならないといった様子でモッシュやダイブを繰り返し、イベント序盤から大盛り上がりとなった。

ENTHはdaipon(Vo, B)が「たくさん気持ちよくなって帰りましょう!」とテンション高めに話し、最新アルバム「SLEEPWALK」の表題曲でライブをスタートさせる。そのままエッジィな「"TH"」やdaiponのシャウトから始まるヘヴィな「Voo-Doo Shangrila」など多彩な楽曲を間髪入れずに続けていく。会場のCHELSEA HOTELについて「ラブホテルみたいな名前」と彼らしい言葉選びと自由な発想でのトークを展開したあとは「Will」「ムーンレイカー」をエモーショナルに歌い上げ、軽やかなハンドクラップから始まる「LOVE ME MORE」では場内が一転楽しげなムードに。ENTHは最後に次々とテンポの変わる「Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!」をお見舞いしてバックドロップシンデレラへとつないだ。

バックドロップシンデレラは本番前のサウンドチェックの段階からでんでけあゆみ(Vo)がフロアにダイブするほどのハイテンションぶり。そして1曲目「およげ!たいやきくん」に乗せて豊島“ペリー来航”渉(G, Vo)が「今日のライブでナタリーとの癒着は完璧なものになります!」と冗談を飛ばして勢い付けると、「池袋のマニア化を防がNIGHT」や「台湾フォーチュン」といったユーモアあふれる楽曲群で場内のテンションを引き上げていった。「フェスだして」では大合唱が発生し、「月あかりウンザウンザを踊る」ではフロアに大きなサークルができるなど、場内は一体感に包まれる。最後にパンキッシュな「さらば青春のパンク」が投下されると観客のテンションは最高潮に。さらにバクシンはアンコールで「COOLです」をプレイして、熱気に包まれる中、イベントの幕を下ろした。

ライブナタリーpresents ナタリーコーリング
2019年3月29日 CHELSEA HOTEL セットリスト

ONIONRING

01. A View I Want To Show You
02. Photograph
03. Unperfect Days
04. Indigo Blue
05. Awaking Now
06. Summerend
07. After the Rain
08. Fireworks

ENTH

01. SLEEPWALK
02. "TH"
03. HANGOVER
04. Voo-Doo Shangrila
05. Gentleman Kill
06. Will
07. ムーンレイカー
08. LOVE ME MORE
09. Get Started Together
10. Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!

バックドロップシンデレラ

01. およげ!たいやきくん
02. 池袋のマニア化を防がNIGHT
03. 台湾フォーチュン
04. 魔がさした夜空に
05. フェスだして
06. 太陽とウンザウンザを踊る
07. サンタマリアに乗って
08. 本気でウンザウンザを踊る
09. 月あかりウンザウンザを踊る
10. さらば青春のパンク
<アンコール>
11. COOLです

音楽ナタリーをフォロー