竹内まりやが「芸術選奨 文部科学大臣賞」受賞、宇多田ヒカルは新人賞

19

1591

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 266 582
  • 743 シェア

平成30年度「第69回 芸術選奨 文部科学大臣賞」の大衆芸能部門において竹内まりやが大臣賞、宇多田ヒカルが新人賞を受賞した。

竹内まりや

竹内まりや

大きなサイズで見る(全2件)

宇多田ヒカル

宇多田ヒカル

大きなサイズで見る(全2件)

竹内は過去のライブの模様を映画化した作品「souvenir the movie ~MARIYA TAKEUCHI Theater Live~」ほかの成果を評価されており、受賞について彼女は「これまでの歩みを総括したライブドキュメンタリー映画を通して、音楽に寄せる自身の素直な想いを表出できたように感じております」とコメントしている。

また宇多田は2018年6月に発表した7枚目のオリジナルアルバム「初恋」ほかの成果を評され受賞。このほか笑福亭鶴瓶も同部門において大臣賞を受賞した。

この記事の画像(全2件)

読者の反応

徳重龍徳(ライター、グラビア評論家)@ホークス&ちいかわファン @tatsunoritoku

宇多田ヒカルが新人賞という違和感(笑)。ほかに蒼井優、脚本家の野木亜紀子、そして山下敦弘監督も!こういう良い意味でヴィレバン感がある賞だし、新人賞も経験重ねるとなくなる「おぬしもまだまだ」感あって逆にもらった人、新鮮でよいのかも。

https://t.co/g6H1qDoGHb

コメントを読む(19件)

関連記事

竹内まりやのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 竹内まりや / 宇多田ヒカル / 笑福亭鶴瓶 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。