音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

関口メンディーが女児向け特撮TVドラマ出演、ファントミラージュのボス役

4283

関口メンディー扮するファンディー。

関口メンディー扮するファンディー。

関口メンディーEXILEGENERATIONS from EXILE TRIBE、HONEST BOYZ)が、4月7日(日)にテレビ東京系で放送がスタートする女児向け特撮テレビドラマシリーズ「ガールズ×戦士シリーズ」第3弾「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」に出演することがわかった。

「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」、「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」に続くシリーズ第3弾「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」は、正義の怪盗3人組“ファントミラージュ”が“逆逆警察”によって“イケナイヤー”にされてしまった人から“イケない心”を“ちょーだい”して平和を取り戻す物語。これまでの作品と同様に最新のVFX(コンピューター上でCGを用いて作成した特殊な効果映像)をふんだんに駆使した“女児向け特撮テレビドラマシリーズ”で、前作に続き監督および総監督は三池崇史、ファントミラージュの得意技となる歌やダンスの振り付け監修はexpgが担当する。

関口はファントミラージュが集めた“ギャークジュエル”を謎の金庫に保管する、ファントミラージュのボス・ファンディーとして本作に登場。この作品に出演することについて「このようなファンタジーな世界でお芝居するのは初めてなのですごく新鮮ですし、CGなどもイメージしながら考えて演じることがすごく面白いですね。ファンディーは、コミカルな性格で、ホログラムでポッと登場する場所もとにかく毎回面白いので、そういったところもぜひ注目していただきたいです」とコメントしている。関口のほか、本作には斎藤工本田翼石田ニコル黒石高大、ぺえも出演。なお本田はキャラクター・くまちぃの声での出演となる。

ファントミラージュはオーディションで選ばれた菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛の3人が演じることが決定。この3人はガールズグループ・mirage2(ミラージュミラージュ)として、「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」のエンディングテーマ「じゃん☆けん☆ぽん」で6月5日にメジャーデビューを果たす。

テレビ東京系「ひみつ×戦士 ファントミラージュ!」

2019年4月7日(日)9:00~

ファンディー役 関口メンディー コメント

ファンディー役の関口メンディーです。
ひみつ×戦士 ファントミラージュ!のボスとして逆逆警察とたたかっていく役ということで、自分の中でも、監督さんとも話しながら色々なファンディーをイメージして撮影に臨んでいます。このようなファンタジーな世界でお芝居するのは初めてなのですごく新鮮ですし、CGなどもイメージしながら考えて演じることがすごく面白いですね。ファンディーは、コミカルな性格で、ホログラムでポッと登場する場所もとにかく毎回面白いので、そういったところもぜひ注目していただきたいです。

桜衣慎一役 斎藤工 コメント

桜衣慎一役の斎藤工です。桜衣慎一は、主人公ココミのお父さんであり、優しいスイーツ男子です。経営しているスイーツカフェだったり、遊園地での撮影は、その世界に自分がいることがとても新鮮で、見たことのない自分に出会えている気がしています。第一話で演じた「イケナイヤー」(優しいお父さんから悪役「イケナイヤー」に変身する)は、別のキャラクターになるというより、普段優しい慎一の中にある実は外に出ていない部分、人間が同時に持っている両極端の心理をついているんじゃないかと、台本を読んだときはドキッとしました。お子さんも、その保護者の方がみてもドキっとするし、ドラマ自体がカラフルで楽しいファンタジーになってますので、ぜひご家族で楽しんでもらえたら嬉しいです。

くまちぃ(CV)担当 本田翼 コメント

女の子向け特撮シリーズに参加させていただくことが初めてで、更にマスコットキャラクターの声を担当するのも初めてなので、お話をいただいた時は正直びっくりしました。くまちぃを演じる時は裏声をつかったり自分なりに工夫や苦労もあるのですが、楽しくて良い経験になっています。くまちぃはファントミラージュの女の子達を見守る役割で、きちんとこの子達に教えてあげなきゃ、伝えてあげなきゃと一生懸命だと思うので、ドラマを観ている女の子達にもそれが届くように心がけて演じています。

ギャンヌ署長役 石田ニコル コメント

“逆逆警察”ギャンヌ署長役の石田ニコルです。
署長なのでアベコベ刑事とマギャク巡査をまとめるために、リーダーシップをとろうとするんですが、どこか空回りしてたり、抜けたところがある愛されるキャラクターを演じています。衣装の半分が警察の制服、もう半分がドレスになっているところや、メイクも半分半分違うところもポイントです。
逆逆警察のシーンは、大人が「これが面白いんじゃないか」と本気で面白いものを探り、毎回作り上げているので、みなさんで好きな回を見つけて「くすっ」と笑っていただければ嬉しいです。

マギャク巡査役 黒石高大 コメント

“逆逆警察”マギャク巡査役の黒石高大です。
普段から悪者役を演じることが多いんですけど、今回の役は、かわいらしくイタズラなところが「悪者なんだけどすごい愛される悪役だなあ」と感じました。この間撮影中に、歌いながら踊ったりしながら演じていたら、観光客の人たちが楽しそうな顔をして見てくれて、その時、この作品を海外の人にも好きになってみてもらえたら良いなと思いました。見どころは、ファントミちゃんと可愛い”逆逆警察”のやり取りです。僕たち、”逆逆警察”があの手この手でいろんなことを仕掛けていくので、どうたたかっていくのか注目してください。

アベコベ刑事役 ぺえ コメント

“逆逆警察”アベコベ刑事役のぺえで~す!
最初台本を観たときに、アベコベ刑事はインテリな頭脳派なキャラだったので私大丈夫かな?と思ったんですけど、三池さん(監督)が「ドラマの中でもあなたは自由に生きてください」と言ってくださったので、演じるというよりは、ありのままの私を全開にして元気よく役をつくっています。衣装は、逆逆警察の中でも正直一番着たかったおしゃれな衣装が回ってきて、よっしゃという気持ちです!高校生ぶりのネクタイが新鮮で、男性のスタイリストさんからネクタイをしてもらう時にきゅんとします(笑)アベコベ刑事の長い「罪名」にも注目してください。

三池崇史 コメント

さらに楽しく、さらに優しく!がテーマです。観てくれる子どもたちに楽しんでもらうためには、演じる側もお芝居も楽しむことが必要だと感じています。3作品目となると、期待も高まると思うのですが、それを上回るものを目指しています。今回は特に、可愛さやダンス、物語からあふれ出てくる役者たちの魅力を子どもたちにダイレクトに伝えることが、大事だと考えています。ファントミラージュたちは、キラっと光るものがあり、それぞれ個性も違って、これからが楽しみです。
ひとつのシリーズを観て卒業ということではなく、今まで観てくれた子どもたちがお姉ちゃんになっても楽しめる、今まで観てなかったもっと小さな女の子も楽しめる、そんなシリーズをつくっていきますので、ぜひ観てください。

特集・インタビューPR

音楽ナタリーをフォロー