斎藤工

斎藤工

サイトウタクミ

1981年8月22日生まれ、東京都出身。モデルとして活動後、2001年に「時の香り/リメンバー・ミー」で吹石一恵とダブル主演を務めて俳優デビュー。2008年にNHKのドラマ「オトコマエ!」でドラマ初主演を果たす。主な出演映画に「カフェ・ソウル」「明日泣く」「愛と誠」「虎影」「高台家の人々」「HiGH&LOW THE RED RAIN」「去年の冬、きみと別れ」「麻雀放浪記2020」「ヲタクに恋は難しい」など多数。2014年放送のドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」はヒットを受け、2017年に映画化された。“齊藤工”名義で映画監督としても活動。長編初監督作「blank13」は2018年に劇場公開され、総監督を務めた「COMPLY+-ANCE コンプライアンス」が2020年に公開された。また清水康彦、永野、金子ノブアキと結成した映像制作プロジェクト・チーム万力による「MANRIKI」では企画・主演・プロデュースを兼任した。

リンク

関連する画像