i-depが10年ぶりにオリジナルメンバーでのバンド活動再開

355

i-depがオリジナルメンバーであるナカムラヒロシ(Key)、藤枝伸介(Sax)、井村達也(G)、高井亮士(B)、狩野丈二(Dr)、Cana(Vo)によって再びバンド編成での活動を再開することが発表された。

i-dep

i-dep

大きなサイズで見る(全2件)

i-depは2004年に初のアルバム「Meeting Point」を発表し、代表曲「Rainbow」が収録された2005年のアルバム「Smile exchange」がヒットを記録。2006年にナカムラとCanaが、カバーブームの火付け役とも言われるユニット・Sotte Bosseを結成し、発表した2作品合わせて70万枚というセールスを記録した。i-depは2009年にオリジナルメンバーの解散を発表。以降はナカムラのソロプロジェクトとして活動を続けていた。

バンド編成でのi-depは3月8日に東京・伝承ホールでライブを実施。この日は、日本初公演となるカナダ・ケベック州出身のアーティスト、ユベール・ルノワールとのツーマンライブとして行われる。

i-dep x Hubert Lenoir

2019年3月8日(金)東京都 伝承ホール

この記事の画像(全2件)

i-depのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 i-dep / Sotte Bosse の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。