音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

倉木麻衣、「名探偵コナン」に本人役で出演

4783

アフレコに挑戦する倉木麻衣。(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アフレコに挑戦する倉木麻衣。(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

倉木麻衣が1月5日(土)および12日(土)に読売テレビ / 日本テレビ系で放送されるテレビアニメ「名探偵コナン」にゲスト出演する。

年明けの「名探偵コナン」では、原作者の青山剛昌が連載1000話を記念して描いたエピソード「紅の修学旅行」を2週にわたってオンエア。倉木はアニメ内に登場する倉木麻衣役としてアフレコに挑戦した。アフレコを終えた彼女は「高校の時に演劇部に入っていまして、その時の事を思い出しながらトライさせて頂きました。ファンの方から『主題歌だけじゃなく、アフレコにも挑戦してみたら?』と言われていたので、今回はその夢が実現できて、とても嬉しく思いました」とその感想を語っている。

なお倉木は今回のエピソードに書き下ろしの新曲「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」「薔薇色の人生」を提供。このうち「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」は主題歌に決定した。

倉木麻衣 コメント

今回こういった機会を頂いて、ついに来た~という思いで、とても嬉しかったです。長年に渡って名探偵コナンという作品の一部として、楽曲を手掛けさせて頂いて、今回、初めてのアフレコだったので…。以前、倉木麻衣としてアニメに登場させて頂いたんですけど、今回はアフレコを行おうという事で、自分にできるかどうかドキドキしていたんですが、高校の時に演劇部に入っていまして、その時の事を思い出しながらトライさせて頂きました。ファンの方から『主題歌だけじゃなく、アフレコにも挑戦してみたら?』と言われていたので、今回はその夢が実現できて、とても嬉しく思いました

読売テレビ チーフプロデューサー 諏訪道彦 コメント

はじめは探り探りやっていたけれど、早い段階で掴まれたらしくて、僕らが見ていても倉木麻衣という役を自分のてのひらで転がしていると感じました。素晴らしくカンが良いというか、流石だなと思いました。アニメのアフレコは声も大きくしなきゃいけないし、最初のセリフは若干慣れていない部分があったんですけど、コツを掴むのは早かったですね。いくつかセリフがありますので、ぜひテレビをご覧になって、倉木さんのセリフを味わって頂きたいなと思います。倉木麻衣さん、そのものが出ていたと思うのでとても良かったです。今回、倉木さんに書き下ろして頂いた主題歌ですが、やっぱり京都や恋愛ものを倉木さんにお願いするとピタッと合う。何度も実績もありますし、『紅の恋歌』の時も本当に素晴らしい曲でした。ちょっと雅な感じと青春みたいな感じがオーバーラップした名曲を作って頂きました。タイトルの長さがとても長い(笑)。歌詞の一部をそのままタイトルにしているんですけど、これもとても印象に残って良いなと思いました。先生が書かれた原作をアニメにする時に京都のムードは倉木さんの曲が合うとかなり早い段階から思って主題歌をお願いしていました。見事に期待に応えて頂きまして、とても感謝しております

読売テレビ / 日本テレビ系「名探偵コナン」

紅の修学旅行~鮮紅編~

2019年1月5日(土)17:30~

紅の修学旅行~恋紅編~

2019年1月12日(土)17:30~

音楽ナタリーをフォロー