音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

星野源の思考をひも解く「ダ・ヴィンチ」特集、細野晴臣や三浦大知ら9名が語る

964

「ダ・ヴィンチ」12月号より星野源。

「ダ・ヴィンチ」12月号より星野源。

本日11月6日発売の雑誌「ダ・ヴィンチ」12月号の表紙および巻頭特集に星野源が登場している。

特集では「星野源と、思考。」と題し、12月19日に約3年ぶりとなるアルバム「POP VIRUS」をリリースする星野へのロングインタビューを掲載。今作のタイトルに込めた意味や、新作を生み出すまでの恐怖心など、前作「YELLOW DANCER」との比較も交えながら細部にわたって解説している。

また細野晴臣三浦大知細田守関和亮、吉田ユニ、STUTSといった関係者9名が星野の思考について語る「関係者が語る星野源の思考の跡。」や、星野と作家・米澤穂信による2度目の対談が収められるほか、同誌で連載中のエッセイ「いのちの車窓から」の書き下ろし新作も楽しめる。さらに作家・乙一やマンガ家・海野つなみらが選んだ星野作品のマイベストを紹介する寄稿も収録されている。

音楽ナタリーをフォロー