音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Nissy「あのコの、トリコ。」舞台挨拶にサプライズ登場、吉沢亮&新木優子とトリコダンス

10619

左から宮脇亮監督、新木優子、吉沢亮、Nissy。

左から宮脇亮監督、新木優子、吉沢亮、Nissy。

映画「あのコの、トリコ。」の大ヒット御礼舞台挨拶が本日10月23日に東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、キャストの吉沢亮新木優子、主題歌を担当するNissy(西島隆弘)、監督の宮脇亮が登壇した。

「あのコの、トリコ。」は白石ユキによる同名マンガを宮脇監督が実写化した、幼なじみ同士の三角関係を描くラブストーリー。地味で平凡な男子高校生・鈴木頼を吉沢亮、人気モデルの立花雫を新木優子、頼のライバルであるイケメン俳優の東條昴を杉野遥亮が演じる。

サプライズゲストとして登場したNissyは主演の吉沢に花束を手渡し、「本日は本当におめでとうございます!」と挨拶。Nissyが手がけた主題歌「トリコ」の感想を聞かれた吉沢は「映画のポジティブさ、かわいらしさを完璧に表現してくださっています。この曲が流れるエンドロールを観るだけでも劇場に来る価値があるすばらしい曲だと思います」と絶賛した。また同曲のミュージックビデオにも出演している新木が「MVも本当に大きい反響をいただいてうれしかったですし、映画とは違った世界を表現できたかなと思いました」とコメントすると、Nissyは新木について「撮影中も終始本当にかわいらしくてどうしようかと思いましたね!」と興奮ぎみに語った。

MCに映画の感想を求められたNissyは「芸能界の細かい部分はすごくリアルですけど、3人の友情だったり恋愛の部分はファンタジックに描かれていて、すごく新鮮に楽しめました」と本編を振り返り、さらに「バスケットのシーンで彼女を渡す渡さないのシーンが、もうグッと来ますよね! あとは後半の2人の告白シーンとかもいいですよね!」と印象的なシーンを次々と挙げていく。Nissyの感想を受けた吉沢は「(劇中に登場する)撮影所の裏側の部分というのは僕らもこだわって撮っていた部分なのですごくうれしい」と顔をほころばせ、一方の新木も「熱量が伝わってきてうれしかった」と述べた。

さらにNissyやキャストが主題歌「トリコ」に乗せて踊る“トリコダンス”が大きな話題を集め、TikTokの再生回数が2千万回を突破したことを記念してNissy、吉沢、新木の3人による“トリコダンス”スペシャルバージョンが披露されることに。吉沢とNissyが新木の頬に指を添える振り付けでは客席から黄色い歓声が巻き起こっていた。最後に登壇者全員でハロウィンにちなんだカボチャ型のくす玉を割り、映画のヒットを祝福。Nissyは「主題歌が映画の後押しができたんじゃないかなと、うれしい気持ちでいっぱいです。『トリコ』が映画と一緒にこれからも成長していけたらと思います」と語り、ステージを降りた。

音楽ナタリーをフォロー