音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「こんなに真面目にやったことはない」阿部サダヲ「音タコ」舞台挨拶で熱弁

565

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」公開記念舞台挨拶の様子。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」公開記念舞台挨拶の様子。

映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の公開記念舞台挨拶が本日10月13日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、阿部サダヲ吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司といった出演者や、監督の三木聡が登壇した。

昨日10月12日に公開された「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は、HYDE(L'Arc-en-Ciel、VAMPS)、いしわたり淳治、あいみょんらが手がけたナンバーがストーリーを彩る“ハイテンションロックコメディ”。阿部は「今週公開される映画で期待度2位だったらしく。1位ではないのがこの映画っぽくていいなあって(笑)」と挨拶しつつ、「原作ものが多い中、完全オリジナル脚本。そのあたりも期待して観ていただければ」とアピールする。三木は「バカバカしいところにすごいエネルギーを使って作った映画」と述べた。

映画の中では吉岡扮する声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが、阿部演じるロックスター・シンから「逃げるな!」と発破をかけられ、ミュージシャンとして変わっていく姿が描かれる。これにちなんで舞台挨拶では登壇者が強く背中を押された言葉を、ハイテンションに語るコーナーが設けられた。阿部は「すごく難しい質問ですけど……」と躊躇しながら、中学生時代に同級生の母親から「阿部くんはさ! 30ぐらいになったら売れるよ!」と言われたエピソードを大声で披露。「そのときはプロ野球選手を目指していて、役者は目指してなかったけど、その後もどこか背中を押してくれていた」と語り、さらに「社会人のとき『辞表の書き方って本あるから、その通りに書け!』って言われたのにも背中を押されてました(笑)。今こうして主役やってるんですもん、びっくりですよね」と笑った。吉岡は劇中のセリフである「いいのいいの、ブライアン・イーノ!」を挙げて、「観た人が『明日からまたがんばろう』という気持ちになれるのが顕著に表れている言葉だと思います」と回答した。

「最近テンションが上がった出来事は?」という司会者からの質問には、阿部が「この映画を観た人に『面白かった』って言われるとテンションが上がる」と映画に絡めてトーク。すると吉岡が村上健志(フルーツポンチ)が本作を初日に観に行った様子をInstagramにアップしたことをうれしそうに報告して「毎朝村上さんのインスタを見ては元気もらってるので、めちゃくちゃテンション上がりました!」と笑顔を浮かべる。三木は「この映画の公開ですよね。テンション上がるもんですよ」と監督らしい言葉を口にした。

イベントの最後では映画の公開を祝って登壇者がくす玉を割ることに。「テンションを上げろ」を吉岡が書き、「!!」を阿部が書いたという「テンションを上げろ!!」の垂れ幕が登場し会場は大盛り上がり。阿部は「なかなかオリジナルでロックコメディというものはないと思いますので、ぜひ(目に)焼き付けていただきたいですし、真面目にやっていますので。ふざけてはいますが、こんなに真面目にやったことはないです。ほぼアドリブもなく、それも見ていただきたい」と真摯に述べた。

(c)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー