音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

AKB48「じゃんけん大会」はドラフト3期生コンビ多田京加&松田祐実が優勝

81

Fortune cherryが勝利を収めた瞬間。(c)AKS

Fortune cherryが勝利を収めた瞬間。(c)AKS

本日9月23日に東京・片柳アリーナにてAKB48グループのイベント「AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会 ~空気を読むな、心を読め!~」が行われた。

「AKB48グループ 第2回ユニットじゃんけん大会 ~空気を読むな、心を読め!~」は、優勝ユニットに与えられるメジャーデビューの権利をめぐって競い合うイベント。本日のイベントには予選を勝ち抜いた48ユニットが出場し、各ブロックごとにまずはベスト4を目指す戦いが繰り広げられた。

Aブロックを勝ち上がったのはAKB48のドラフト3期研究生のユニット「大空ついんず」。BブロックはNGT48の2期生16人による「2ki」が勝利を収める。Cブロックの代表は福井県出身のドラフト3期生2人、多田京加(AKB48)と松田祐実(HKT48)からなる「Fortune cherry」。Dブロックでは坂本愛玲菜(HKT48)と小田えりな(AKB48チーム8)による「ザ・イーズ」が勝ち上がった。4つのユニットのうち3つのユニットが今年AKB48グループに加入したばかりのメンバーで、グループの総監督を務める横山由依は「新時代という感じがしますね」と興味深そうに彼女たちの勝負の行方を見守っていた。

準決勝を経て、決勝に進んだのは2kiとFortune cherryの2組。会場中の視線が集まる中、メジャーデビューを賭けたじゃんけんを制したのは多田と松田の2人からなるFortune cherryに決定した。2人は「予選から自信があって勝ちそうな気がしたらやっぱり勝った」「Fortuneと言う通り、みなさんから“福”をもらって勝てた」とコメント。惜しくも準優勝となった2kiの真下華穂(NGT48)は「これをきっかけにたくさんNGT48や、2期生のことに興味を持ってもらえたら嬉しいです」と前向きなひと言でファンに挨拶をしていた。

Fortune cherryのメジャーデビューシングル(タイトル未定)は12月19日にリリースされることが決定。シングルには今大会で準優勝した2kiの楽曲がカップリングとして収録される。

音楽ナタリーをフォロー