音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

布袋寅泰「北斗の拳」35周年ソング石版化、ケンシロウ&ラオウとのコラボMV公開

74

「伝承式」の模様。左から武論尊、原哲夫、布袋寅泰。

「伝承式」の模様。左から武論尊、原哲夫、布袋寅泰。

昨日9月13日に東京・赤坂ガーデンシティで行われたマンガ「北斗の拳」35周年記念イベント「伝承式」に布袋寅泰が登壇した。

このイベントは、「北斗の拳」が週刊少年ジャンプに初めて掲載された9月13日を「北斗の拳の日」として日本記念日協会が認定したことに合わせて行われたもの。35周年記念テーマソングとして書き下ろした新曲「202X」を9月19日にリリースする布袋は、この日のためにイギリス・ロンドンから帰国して「伝承式」に出席した。布袋は過去にも「北斗の拳」に楽曲を提供しており、同い年で一緒にカラオケもした仲だという原哲夫から「でっかくなって帰ってきましたね」と背の高さをいじられる。一方、布袋と初対面の武論尊は「中学の頃、『お前小銭持ってるだろ、飛んでみろ』ってカツアゲされたのを思い出しましたよ。だいたいそういうこと言ってくる人はこういうタイプだったから」と冗談を飛ばした。

壇上に3人がそろったところでスタートしたのは“石版”の除幕式。この石版は「『北斗の拳』を100年は残る漫画にしたい」と過去に原が語っていたことがきっかけとなって制作されたもので、100年と言わず1万年後にも残るように“最強の記録媒体”である石に「北斗の拳」のマンガが刻まれた。石版は第1話となる48ページ分が用意されており、総重量は約1tにも及ぶ。台座にかけられた赤いベールが剥がされ、中から出現した「北斗の拳」石版を見た武論尊は「すごいですね。地球が“猿の惑星”になったら、猿が読んでるんだろうね」と、記録媒体としての石の迫力を語る。またマンガだけでなく、「202X」の楽譜を刻んだ石版も登場。1万年後も残る“最強の記録媒体”に自身の曲が刻まれたことに布袋は「残そうと思って作るわけではないけど、語り継がれたり愛し続けていただいたり、歌い継がれたりとか、音楽がつながっていくというのは僕らにとって夢だから。ありがとうございます」と感謝し、武論尊は「猿がギター弾きますよ」とうれしそうに茶々を入れた。

また会場では布袋(Vo, G)、ケンシロウ(B)、ラオウ(Dr)による“バーチャルスーパーバンド”が登場する「202X」のミュージックビデオや「202X」の完全数量限定盤に付属するピック型ARマーカーの映像も公開された。ARマーカーの映像を観た布袋は「これは本当にすごいです。手乗り布袋」と笑顔を見せ、最後の挨拶では「これからも男たちの熱い胸を焦がし続けてほしい。ここに描かれたロマンを我々も胸に刻んで、生きるエネルギーにしたいと思う」と“北斗愛”を語った。

なお石版は、本日9月14日から19日までの期間限定で東京・キラリナ京王吉祥寺4階キラリナ広場に展示され、展示終了後、被災地支援のためのチャリティオークションにかけられる。実施時期は9月末になり、詳細な続報は「北斗の拳」のオフィシャルサイトでアナウンスされる。

音楽ナタリーをフォロー