音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「musicるTV」発イベントでBiSH、EMPiRE、ちゃんみな、Gacharic Spinら熱演

380

BiSH

BiSH

テレビ朝日系「musicるTV」発のライブイベント「musicるFES2018 - Summer Edition -」が7月15日に東京・Zepp Tokyoで開催された。

「musicるTV」は「音楽との新しい出逢いが、ここにある」をコンセプトとした音楽プログラム。イベントにはBiSHちゃんみなGacharic SpinEMPiREのほか、オープニングアクトとして新しい学校のリーダーズ、MCとしてヒャダインが出演した。新しい学校のリーダーズは「私たちの全力を、皆さまの目に焼き付けさせていただきます」と告げ、「最終人類」などをパフォーマンス。独創的な振り付けを披露し、オーディエンスの目を引き付けた。

Gacharic Spinが1曲目に演奏したのは、F チョッパー KOGA(B)のスラップベースで始まる「赤裸ライアー」。派手なパフォーマンスで場内を沸かせ、その後まい(Performer1号)によるけん玉が印象的な「ハンティングサマー」を届けた。「もっともっと熱い空間を作っていきましょう!」と煽ると、彼女たちは「JUICY BEATS」の演奏へ。暗闇の中メンバーの指先が7色に輝く演出でオーディエンスを魅了したあと、「Redline」や「WINNER」といったナンバーを披露した。

「MY NAME」で一気に観客を楽曲の世界観に引き込んだちゃんみなは、攻撃的なナンバー「FXXKER」や切ないメロディと歌詞が印象的な楽曲「CHOCOLATE」を届け、自身の表現の幅広さを見せつける。語りかけるように「BEST BOY FRIEND」を歌い上げた彼女は、その後キュートなスカートに衣装をチェンジ。ガーリーなナンバー「LIGHT IT UP」や「LADY」といったナンバーを届け、場内を盛り上げた。

EMPiREはMCを挟むことなく、全6曲を続けてパフォーマンス。「Black to the dreamlight」でライブを始めた彼女たちは、「EMPiRE is COMiNG」「FOR EXAMPLE??」を披露した。「Buttocks beat! beat!」ではアップテンポなビートにオーディエンスのテンションは上昇。サビでは観客が一斉に拳を高く突き上げた。彼女たちが最後に歌ったのは「アカルイミライ」。コールや手拍子が飛び交い、会場は一体感に包まれた。

イベントのトリを務めたBiSHは、ハシヤスメ・アツコのシャウトと共に「GiANT KiLLERS」でライブを始める。シンガロングを巻き起こした彼女たちは、「SMACK baby SMACK」やロックチューン「HiDE the BLUE」を続けてパフォーマンスした。その後BiSHはバラード曲「Life is beautiful」や「プロミスザスター」といったナンバーを披露。6月に事前告知なしでリリースされたシングル曲「NON TiE-UP」では、スケール感のあるサウンドが会場に響き渡った。この日BiSHが最後に届けたのは「BiSH-星が瞬く夜に-」。オーディエンスが一斉に頭を振り、熱気に包まれながらイベントは終了した。

音楽ナタリーをフォロー