音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

映画「Vision」舞台挨拶、英語セリフに岩田剛典「本当にどうしようかと思いました」

214

「Vision」公開記念舞台挨拶の様子。

「Vision」公開記念舞台挨拶の様子。

本日6月9日に東京・新宿ピカデリーで「Vision」公開記念舞台挨拶が開催。このイベントに岩田剛典EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、夏木マリ、ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、美波、監督の河瀬直美が出演した。

全国の劇場で公開中の映画「Vision」は幻の薬草“Vision”を探すフランス人エッセイスト・ジャンヌと、吉野の山守・智が心を通わせていく様子を描いた物語。本作で岩田は智と共同生活を送ることになる青年・鈴、夏木は不思議な力を持つ老女・アキを演じている。

舞台挨拶では登壇者たちが撮影時のエピソードをたっぷりとトーク。本作で英語のセリフにも挑戦した岩田は「台本を読んで英語のセリフがあったときは、本当にどうしようかと思いました」と明かしつつ、ビノシュとの共演シーンを「決まりごとではなく、アドリブのような感じ。日常生活を切り取るように撮影しました」と述懐した。また現在はドラマ「崖っぷちホテル!」に出演している岩田は、河瀬に「ドラマとはまったく違う岩田くんが観られますので」「ぜひ『Vision』の劇場にも足を運んでいただければ」と紹介されると、「同じくそう思います」と付け足して笑いを誘った。さらにビノシュが「最初から『なんだかこの人を知ってる、また会えたな』という気持ちがしていましたよ。日本に息子がいるなんて思ってもいなかったけど、そんな気持ちになりました」と語ると、岩田は即座に「僕も、フランスのお母さんだと思っています」と返した。

夏木は以前のイベントで「もう一度会いたい人」を聞かれた際、ビノシュの名前を挙げたことを告白。彼女は「現場では私語厳禁だったので、先程再会して初めて笑顔でご挨拶しました」と舞台挨拶前の様子について触れ、「何年か前に『絵でも演技でも、動くことから始まる』とおっしゃっていた。このあとの移動の時間なんかに、そのことについて徹底的に話したい」とビノシュとの交流に期待を寄せた。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー