音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

岩田剛典出演「Vision」完成、撮影では「顔にカメムシが3匹ほど…」

4733

映画「Vision」の完成報告会見の様子。

映画「Vision」の完成報告会見の様子。

岩田剛典(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、EXILE)が出演する映画「Vision」の完成報告会見が、本日4月26日に東京・ホテル雅叙園東京にて行われた。

河瀬直美が監督する「Vision」は世界を旅するフランス人エッセイスト・ジャンヌと、奈良・吉野の山守である智が心を通わせていく様子を描いた映画作品。ジュリエット・ビノシュがジャンヌを、永瀬正敏が智を演じ、岩田は山守の鈴として物語に登場する。完成報告会見には岩田、河瀬監督、永瀬、夏木マリ美波、音楽を手がけるジャズピアニストの小曽根真が登壇。撮影時のエピソードなどを語った。

河瀬監督の作品に出演するのはこれが初となる岩田は、最初の挨拶で「本当に撮影の中でいろんな洗礼を受けました。鈴として、森の中で演じるのではなくて“生きる”ということを監督から教えていただいて。昨日初号を観させていただいたんですけれども、とても美しい映画になりました」と堂々とコメント。続けて「観ている方全員が森の中に自分が迷い込んだような、それぐらい臨場感のある森の描写だったり……とにかく美しい作品に参加できたことを誇りに思います」と今作に参加できたことを喜んだ。

岩田をはじめ、出演者たちはそれぞれの役として“生きる”ためにその人物が暮らす山小屋などで数日間から数週間生活したという。そんな特殊な撮影方法を出演者たちは“河瀬メソッド”と呼んでおり、岩田はクランクインの1カ月前から納屋に住む予定だったが、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのツアーがあったためそれが叶わなかったと明かす。また数日間の納屋での暮らしについては「寝起きとともに顔にカメムシが3匹ほどついているような生活で、虫と共存していました(笑)」と笑顔を見せた。しかし岩田は風邪により納屋からは早々に退散し、夏木が一時宿泊していたという民泊に泊まっていたそうで、それを聞いた夏木は「私もがんちゃんと同じところに泊まらせてもらったの!? それだけでもテンションが上がります!」と大興奮していた。

さらに“河瀬メソッド”では役柄として生きるために、実際に劇中で会うことのない人との会話は撮影現場でも禁じられているそうで、岩田はそのことに大変驚いたという。永瀬ともカメラが回っている中で初対面を果たしたことを明かすと、報道陣から驚きの声が上がった。永瀬が山守である鈴を演じた岩田について「岩田くんは特殊伐採の講義も受けていました。スルスルッとカッコいい感じで高い木を登っていくんですよ。2日くらいでそれをやってしまって」と話すと、河瀬監督は「芸能人やめたら(山守を)やればいいよ」と山守になることを勧める一幕も。夏木も「あのシーンはカッコよかったです」と岩田の山守っぷりを讃えた。また岩田は今作の撮影後に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーと会った際、仲間たちから「大丈夫? 本当に森の人になっているよ」と心配されたというエピソードで会場を笑わせた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

音楽ナタリーをフォロー