音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46版「セーラームーン」ミュージカル明日開幕「変身シーンがすごいことになってる」

728

「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』」囲み取材の様子。

「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』」囲み取材の様子。

乃木坂46の選抜メンバーが出演するミュージカル「美少女戦士セーラームーン」が明日6月8日に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕。これに先駆けて、本日同会場にて囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

このミュージカルは、武内直子のマンガ「美少女戦士セーラームーン」の25周年プロジェクトの一環で上演されるもの。乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」「Team STAR」の2チームに分かれ、ダブルキャストでセーラー5戦士を演じる。Team MOONのメンバーには山下美月、伊藤理々杏、高山一実、能條愛未、樋口日奈の5名、Team STARには井上小百合、渡辺みり愛、寺田蘭世、梅澤美波、中田花奈の5名がそれぞれ選ばれた。

囲み取材にはTeam MOONとTeam STARのメンバー全員とタキシード仮面/地場衛役の石井美絵子、演出を手がけるウォーリー木下が参加した。記者から本作の見どころを尋ねられると、セーラームーン / 月野うさぎ役の山下は「5戦士の変身シーンがすごいことになってるのでそこに注目していただけたら」と話した。また同じくセーラームーンを演じた井上は「うさぎちゃんがいろんな運命の人と出会って強くなっていくっていうのが見どころ」と語り、「メンバーに出会えたこととか、ファンの人に会えたこととか、このカンパニーに会えたこととか(乃木坂46である自分と)物語が重なる部分があって、リアリティを持ってセリフを言えました」と述べた。さらにセーラーヴィーナス / 愛野美奈子役の樋口は「Team MOONとTeam STARで同じストーリーをやっているのにまったく印象が違う」と述べ、本作の特徴であるダブルキャストをアピールした。

続いて今回のミュージカルで苦労した点を問われた彼女たちは着替えを一番に挙げ、セーラーマーズ / 火野レイ役の高山は「一回ステージに立ったら後ろにはけてゆっくりしている暇はない。ずっと動き回っている感じ」と舞台の過酷さを明かした。それぞれのチームのアピールポイントについて、Team MOONの高山は「能條愛未ちゃんと樋口日奈ちゃんはいろんな舞台に出た経験があるので演技の面では2人にすごく教わりました」とコメント。一方、Team STARの井上は「すごく団結力があって、おふざけするときはおふざけするし、でも真剣なシーンはとってもシリアスにできるし、その違いが生まれるチーム」と述べた。

本作の演出を務める木下は乃木坂メンバーの印象について「暗い子たちがやってくるという噂だったんですけど、全然そんなことはなかった」と語りつつ、彼女たちの頭のよさやノウハウ、野性的な勘の鋭さが単なるマンガのミュージカル化を超えた作品を作り上げたとメンバーを褒め称えた。

ミュージカルはうさぎがルナと出会い、美少女戦士セーラームーンへと変身する場面でスタート。セーラームーンとして戦うことを決めたうさぎは、無限のパワーを持つ「幻の銀水晶」を探し守るため、ルナとともに一緒に戦う仲間探しを始める。セーラー5戦士の変身シーンでは、各キャラクターの個性や特徴を最大限に生かしたパフォーマンスが披露されるほか、本編後にはスペシャルライブショーも行われた。

「乃木坂46版 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』」は6月8日から24日まで東京・天王洲銀河劇場、9月21日から30日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで開催される。会場によって一部異なった演出を楽しむことができるほか、日替わり企画として、観客との記念撮影、サイン入りグッズ抽選会なども行われる。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。また内容を一部変更しました。

音楽ナタリーをフォロー