音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

水曜日のカンパネラ・コムアイ、舞台挨拶で猫砂をかける仕草再現

180

映画「猫は抱くもの」完成披露舞台挨拶の様子。

映画「猫は抱くもの」完成披露舞台挨拶の様子。

水曜日のカンパネラのコムアイが、本日6月5日に東京・丸の内ピカデリーにて開催された映画「猫は抱くもの」の完成披露舞台挨拶に登壇した。

本作は、思い通りの生き方ができずにいる沢尻エリカ演じる元アイドルの沙織と、自分が人間であり沙織の恋人だと思い込むロシアンブルーの猫・良男が、自分らしく生きる術を見つけていく物語。舞台挨拶には主演の沢尻や劇中で猫のキイロを演じたコムアイ、良男の擬人化パートを演じた吉沢亮、監督の犬童一心が参加した。

冒頭の挨拶でコムアイは「この映画は、一生懸命生きてきて、つまづいたときにもう1回立ち上がるときに普通は表には出てこない部分だけしっかり描くような映画なのかなと思います。観ている人が、一生懸命になりすぎて、こうじゃないとうまくいかないんじゃないか、自分の人生はこれじゃないと成功じゃないんじゃないかと思ってるようなことを気持ちよく手放せるような映画になってる」と述べた。また「もし猫になったら何をしたいか?」という質問に彼女は、「うんこしたあとに猫砂をかける仕草がすごくゆっくりで、独特なので好き」とその動きを再現。吉沢は「女性とこう……密着することとか……猫だったらいいってことですからね」と答え、さらに「あとは置物とか、いろいろ壊したいですね。猫だったら許されるかな」と続けると犬童監督から「許されないよ」とツッコミを入れられていた。

舞台挨拶の終盤では吉沢と共に“良男”を演じたロシアンブルーの猫・グリグリがステージへ。撮影後にこの猫を引き取った沢尻は「今は犬と猫と、楽しく過ごしております」と満面の笑みを浮かべる。また犬童監督にマイクを向けられたグリグリは「ニャーン」とひと言。そのかわいらしい鳴き声に、客席からは大きな歓声が上がった。なおフォトセッションで登壇者たちは猫の手のマネをし、キュートな仕草で観客を沸かせていた。

映画「猫は抱くもの」は6月23日より全国公開される。

(c)2018『猫は抱くもの』製作委員会

音楽ナタリーをフォロー