音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

晴天に恵まれた「GREENROOM FES」、2日間で11万人を沸かせる

277

「GREENROOM FESTIVAL '18」5月27日の様子。(写真提供:GREENROOM FESTIVAL '18実行委員会)

「GREENROOM FESTIVAL '18」5月27日の様子。(写真提供:GREENROOM FESTIVAL '18実行委員会)

野外フェス「GREENROOM FESTIVAL '18」が5月26、27日に神奈川・横浜赤レンガ地区野外特設会場で開催された。

「GREENROOM FESTIVAL」は「Save the Beach, Save the Ocean」をコンセプトに、サーフカルチャーやビーチカルチャーにスポットを当てて2005年から行われている音楽、アート、映画のフェスティバル。14回目の開催となる今年は晴天に恵まれ、2日間で合計11万人が来場した。

初日である26日は、海を臨むメインステージのGOOD WAVEとBLUE SKYのそれぞれに、共にレイドバックしたサウンドを奏でるnever young beach平井大が登場。リラックスしたライブで今年の「GREENROOM FESTIVAL」をスタートさせ、 その後のNulbarichEGO-WRAPPIN'らのステージにつないだ。

無料でライブを観ることができる、赤レンガをバックにしたステージ・RED BRICKではMONKEY MAJIKSANABAGUN.らがエネルギッシュなパフォーマンスでオーディエンスを沸かせ、緑に囲まれたステージ・HUMMING BIRDではスガシカオらが熱演。また赤レンガの屋内のスペース・GALLERYは着席してライブを観覧できるようになっており、King Gnu小袋成彬など若手を中心としたアーティストが登場した。

横浜港をクルーズするPRADISE SHIPでは、高木完やDJ HASEBEのプレイで海上がダンスフロアに。PORT LOUNGEでは夕陽をバックにDJ NORIのハウスミュージックが盛り上がりを見せた。BLUE SKYステージのトリを務めたVintage Troubleは、古きよきリズム&ブルースのサウンドで会場をヒートアップさせ、GOOD WAVEステージに登場したジミー・クリフの温かい歌声とルーツレゲエのリズム、そしてポジティブなメッセージで最後に会場が一体となった。

朝から晴天の2日目、GOOD WAVEステージに最初に響き渡ったのはサンボマスターの雄叫びとファンの熱い声援。GOOD WAVEとBLUE SKYではその後も、GRAPEVINE在日ファンク水曜日のカンパネラなど個性的なアーティストが好演した。The Wailersのライブではボブ・マーリーの楽曲でオーディエンスが大合唱に。RED BRICKでは、KANDYTOWNや韓国から参加したHYUKOHなどが会場を盛り上げた。

GALLERYで行われたMONDO GROSSOのライブでは、450人以上のファンが列を作る場面も。GOOD WAVEでのASIAN KUNG-FU GENERATIONのアクトを経て、BLUE SKYのUAが夕陽をバックにエモーショナルなステージを見せ、最後はSublime with Romeが激しいパフォーマンスで満員の会場を沸かせた。

音楽ナタリーをフォロー