みやかわくん、メジャーデビュー直前全国ツアー終幕「幸せな時間をありがとう」

5065

みやかわくんが本日5月13日にワンマンツアー「secret blue 2018」の最終公演を東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催した。

みやかわくん「secret blue 2018」東京・EX THEATER ROPPONGIの様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

みやかわくん「secret blue 2018」東京・EX THEATER ROPPONGIの様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

大きなサイズで見る(全5件)

6月27日にミニアルバム「STAR LAND」をリリースし、ユニバーサル シグマからメジャーデビューを果たすみやかわくん。今回のツアーで彼はバンドを従えて全国7都市を回り、各地のファンを沸かせた。

みやかわくん(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

みやかわくん(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)[拡大]

フロアがブルーのペンライトで染まる中、バンドメンバーに続いてみやかわくんがステージに登場。彼は黄色い声援に包まれながら、疾走感のある「ブリキノダンス」で勢いよくライブをスタートさせた。エモーショナルな歌唱が響いた「アンチビート」を終えると、みやかわくんは羽織っていたロングコートを脱いで「皆さん、こんばんは!」と挨拶。「皆さん1人ひとりにとって一生思い出に残るようなそんな素敵なライブにしたいと思っています。ぜひ素敵な思い出を持って帰ってください。それでは今日は最後まで楽しみましょう!」と言い、感情ほとばしるバラード「スピカ」を熱唱した。

会場を感動的な雰囲気に包み込んだと思いきや、みやかわくんは「前半はカッコつけたんで、ここからはいつも通りのみやかわくんでいこうと思いまーす!」とフレンドリーなキャラクターでもファンを魅了。フロアから上がるリクエストに応え、盟友・焚吐やミッキーマウスのモノマネなどを披露したあと、先日発表したメジャーデビューについて触れ「着実に自分の夢が1個ずつ叶って。それでもまだ夢はありますから。今こうやって楽しく突っ走れているのは皆さんのおかげ。感謝してもしきれません。ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。

みやかわくん「secret blue 2018」東京・EX THEATER ROPPONGIの様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

みやかわくん「secret blue 2018」東京・EX THEATER ROPPONGIの様子。(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)[拡大]

メンバー紹介を経て、みやかわくんは「STAR LAND」の収録曲の1つ「Nobody knows」を初披露。2名のダンサーが華やかにステージを盛り上げる中、スタンドマイクを握りしめ、ダンサブルなサウンドに乗せて歌声を届けた。このツアーで行っているという「よ!」という挨拶を観客と交わしたあと、みやかわくんはUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」をカバー。彼が大好きだというこの曲では軽やかなステップを踏み、甘いファルセットを響かせた。

ジャジーなナンバー「フィクサー」、ジャスティン・ビーバー「What Do You Mean?」のカバーで、みやかわくんは持ち前の歌唱力を発揮。地声から裏声まで自在に声を操り、その美声でフロアを沸かせた。初めて作詞した楽曲だという「東京シグナル」ではラップパートでアグレッシブなパフォーマンスを展開。故郷・式根島への思いを込めて歌った「海の声」ではフロアで揺れるブルーのペンライトが、青く輝く水面のような美しい光景を作り上げた。

さらに秦基博「ひまわりの約束」などバラードを連続で届けたみやかわくんは「バラードで観客の心を“しっとり”させられるように研究」して今回のライブに臨んだと明かす。彼が「しっとりしましたか?」とオーディエンスに問いかけると、盛大な拍手が起こった。みやかわくんはエド・シーラン「Shape of You」のカバーを艶っぽく歌ったあと、「みんなのキラキラした顔を見るのが生きがいなんですよ。自分で歌っているだけじゃ楽しくなくて、聴いてくれる人がいないと。冗談抜きで僕はみんなが喜ぶ顔を見るためだけにがんばっています」としみじみ語る。そして「Never Greed」「一騎当千」をダンサー4名と息の合ったダンスを披露しながら歌い、本編を締めくくった。

みやかわくん(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)

みやかわくん(Photo by HAJIME KAMIIISAKA)[拡大]

アンコールを受けたみやかわくんは「歌い足りなかったからうれしいです」とはにかみながら登場。そして自身で初めて作詞作曲を手掛けた「STAR LAND」のリード曲「スターランド」に込めた思いを明かす。式根島から見える満天の星空をイメージした曲であり、恩師との約束を果たすべく作り、その恩師を救う1曲にもなったというこの楽曲を心を込めて歌い上げた。その後みやかわくんは、2017年3月にYouTubeにて“歌ってみた”動画を公開し、現在970万回以上の再生回数を記録しているflumpool「君に届け」のカバーをエレキギターを弾きながら熱唱。大合唱が巻き起こり金テープが発射されると、フロアの盛り上がりはピークを迎えた。

みやかわくんは「歌いながらみんなの顔をよく見るんです。そしたらすごい笑ってる人も、泣いてる人も……真顔の人もいて(笑)。自分が携わっている音楽で少しでもほかの人の気持ちを動かすことができた実感が湧いたときにがんばってきてよかったなって思います。自分で自分を褒めたいくらい。これからもみんながもっと笑えるような環境を作れるようにがんばります」と思いの丈を語り、最後はミラーボールが輝く中「On Your Mark」を熱唱して大合唱を巻き起こした。すべての演目を終えたみやかわくんは「今日は本当に幸せな時間をありがとうございました。これで終わりじゃありません。また必ず帰ってきます。同じメンバーで、いやこの倍の倍くらいのメンバーになるぐらいがいいですね。そんな大きいステージでやりたいという僕の夢を叶えるためにも、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします」と述べ、バンドメンバーとダンサーと手をつなぎお辞儀をしてツアーの幕を下ろした。

この記事の画像(全5件)

みやかわくん「secret blue 2018」2018年5月13日 EX THEATER ROPPONGI セットリスト

01. ブリキノダンス
02. アンチビート
03. スピカ
04. Nobody knows
05. シュガーソングとビターステップ
06. フィクサー
07. What Do You Mean?
08. 東京シグナル
09. 海の声
10. 虹
11. ひまわりの約束
12. Shape of You
13. Never Greed
14. 一騎当千
<アンコール>
15. スターランド
16. 君に届け
17. On Your Mark

全文を表示

関連記事

宮川大聖のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 宮川大聖 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。