音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

バンもん!大阪ホールライブで23曲熱唱「伝説にしてください!」

144

「バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲▽ドス恋! ヨイショ! ~春場所はっけよいのこった~」NHK大阪ホール公演の様子。

「バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲▽ドス恋! ヨイショ! ~春場所はっけよいのこった~」NHK大阪ホール公演の様子。

バンドじゃないもん!のホールライブ「バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲▽ドス恋!ヨイショ! ~春場所はっけよいのこった~」の大阪公演が、5月4日に大阪・NHK大阪ホールにて行われた。

4月15日の東京・中野サンプラザホール公演に続いて行われた今回のライブは、タイトル通り相撲をモチーフとした公演。恋汐丸、鈴乃姫、千代七星、望月関、柚子の種、大桃ノ海とメンバーの“四股名”が読み上げられる中、それぞれの四股名をあしらったのぼりを手にしたメンバーがステージに登場し、「はっけよーい! のこったー!」のかけ声とともに「Q.人生それでいいのかい?」でライブをスタートさせた。

その後は「キメマスター!」「夏のOh!バイブス」をノンストップで畳みかけ、「結構なお点前で」では「みんなの心の中に眠るジャパニーズ心を引き出したい」という甘夏ゆずの言葉通りに和太鼓、扇子を使った振り付けなどで盛り上げる。「速い曲」ではフロアを“西方”“東方”に分け、観客と一緒になったミニゲームで一体感を高めた。さらに5月9日にリリースするニューシングルから「恋する完全犯罪」もいち早く披露し、オーディエンスを大いに沸かせた。

後半戦では七星ぐみのシャウトが光る「YAKIMOCHI」や「君はヒーロー」「細胞SPC」、そして「気持ちだけ参加します。」「White Youth」「ショコラ・ラブ」といったナンバーを連発。望月みゆの「全部出し切ってほしい!」という呼びかけのあとは「青春カラダダダッシュ!」「ツナガル!カナデル!MUSIC」でラストスパートへと突入し、鈴姫みさこのダイナミックなドラムに乗せて場内の熱気は急上昇した。大盛り上がりのうちに、本編は「君の笑顔で世界はやばい」で締めくくられた。

アンコールで6人はスウェットに白いプリーツスカートという80年代アイドルふうの衣装で現れ、「平成最後のアイドルだから」と、ニューシングルから「BORN TO BE IDOL」を歌った。ラストのMCではメンバーそれぞれがファンへの感謝の気持ちを語る。鈴姫は「この思い出を、これからバンもんを知ってくれる人たちに語り継いでほしいんです。そうすると1人が2人、2人が3人にって語り継いでくれたとき、その思い出がいつか伝説になると思うんです。だから一緒にバンドじゃないもん!を伝説にしてください!」と熱く語り、大きな拍手を浴びた。

また、今年夏には新たなツアーを開催することも発表され、観客からは喜びの声が上がった。アンコールラスト、6人は「UP↑ぷらいむ」を全力でパフォーマンスし、23曲にわたるライブの幕を下ろした。

バンドじゃないもん!「バンもん!コンサート2018 サブカル大相撲▽ドス恋! ヨイショ! ~春場所はっけよいのこった~」2018年5月4日 NHK大阪ホール セットリスト

01. Q.人生それでいいのかい?
02. キメマスター!
03. 夏のOh!バイブス
04. 結構なお点前で
05. パヒパヒ
06. 速い曲
07. 恋する完全犯罪
08. イヌイットディスコ
09. 傾奇者恋歌
10. YAKIMOCHI
11. 君はヒーロー
12. 細胞SPC
13. 気持ちだけ参加します。
14. White Youth
15. ショコラ・ラブ
16. しゅっとこどっこい
17. タカトコタン-Forever-
18. 青春カラダダダッシュ!
19. ツナガル!カナデル!MUSIC
20. 君の笑顔で世界がやばい
<アンコール>
21. BORN TO BE IDOL
22. NaMiDa
23. UP↑ぷらいむ

▽は白抜きハートマーク。

音楽ナタリーをフォロー