音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

フレデリック、TOGENKYOの先を示した故郷での初アリーナワンマン

1710

フレデリック「FREDERHYTHM ARENA2018~KOKYOのTOGENKYO~」の様子。(撮影:渡邉一生)

フレデリック「FREDERHYTHM ARENA2018~KOKYOのTOGENKYO~」の様子。(撮影:渡邉一生)

フレデリックが4月30日に兵庫・ワールド記念ホールで初のアリーナワンマンライブ「FREDERHYTHM ARENA2018 ~KOKYOのTOGENKYO~」を開催した。

バンド結成の地でもあり、2015年まで神戸を活動拠点としていたフレデリック。高橋武(Dr)の加入も神戸でのライブで発表されるなど、同地と深い縁を持っている彼らにとって、ワールド記念ホールでのライブは凱旋公演と言えるものとなった。

三宮駅から会場へと移動していくオープニングムービーを経て、ライブは「TOGENKYO」で幕を開けた。広い会場を生かすように、ライブは十字型に配置された大型スクリーンやレーザー光線、炎などさまざまな演出や特効を織り交ぜながら進行。「うわさのケムリの女の子」では34台のスモークマシーンから煙が噴射され、楽曲の持つ不可思議な世界を会場全体に作り出した。

中盤に差し掛かると、4人はアリーナエリア中央に設営された特設ステージに移動し、アコースティックセッションを披露。ステージがせり上がる中で演奏された「ほねのふね」では、レーザー光線とミラーボールの光が月夜と海原のような景色を描き、オーディエンスは驚喜の声を上げた。その後メインステージに戻った彼らは、ギアをトップに入れ「KITAKU BEATS」「オドループ」「オンリーワンダー」といったキラーチューンを投下。熱気を残したままステージをあとにした。

アンコールでメンバーは観客の歓声を浴びながらMCを展開する。三原健司(Vo, G)は「故郷に帰ってきました、ただいま!」と挨拶し、「ものすごい未来見したるからこれからもフレデリックをよろしく」と宣言。そこから「たりないeye」が届けられ、健司は「2018年、桃源郷の先へと行ってまいります」と最後の挨拶を思わせるひと言を放つ。エンディングムービーも上映されライブがフィナーレを迎えたと思われたとき、新しい衣装に着替えたメンバーが現れ新曲「飄々とエモーション」をプレイ。4人は自分たちの“これから”を示す形で初のアリーナ単独公演を成功に終えた。

フレデリック「FREDERHYTHM ARENA2018~KOKYOのTOGENKYO~」2018年4月30日 ワールド記念ホール セットリスト

01. TOGENKYO
02. リリリピート
03. トウメイニンゲン
04. パラレルロール
05. シンセンス
06. ナイトステップ
07. 幸せっていう怪物
08. かなしいうれしい
09. うわさのケムリの女の子
10. まちがいさがしの国
11. RAINY CHINA GIRL
12. ハローグッバイ
13. ほねのふね
14. FUTURE ICE CREAM
15. シンクロック
16. KITAKU BEATS
17. オドループ
18. オンリーワンダー
<アンコール>
19. たりないeye
20. 飄々とエモーション

音楽ナタリーをフォロー