アイドルカレッジ27人で春の東名阪ツアー完走、秋にはTDCホールワンマンを開催

170

アイドルカレッジが4月30日に東京・WWW Xにて東名阪ツアー「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」のファイナル公演を開催した。

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

大きなサイズで見る(全9件)

4月7日に愛知・名古屋ライブホールM.I.Dで行われたツアー初日公演で河端美津希と三好夢摘が新メンバーとして加入し、総勢27人体制となったアイカレ。続く4月28日の大阪・OSAKA MUSE公演を経て行われた最終公演には大勢のクラスメイト(アイカレファンの総称)が集結し、開演前からフロアは熱気に包まれていた。

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)[拡大]

オープニングの映像でカウントダウンが行われたあと、ライブはリーダーの海老原優花の掛け声と共に「Wonderful Story」でスタート。アイカレはノンストップで楽曲を届け、3曲目の「素晴らしきこの世界」の語りのパートでは、今野穂乃花が「アイカレに人生を捧げることを誓います!」と力強い決意の言葉を述べた。続けてチームに分かれて楽曲を披露したメンバーは、ツアーの公演ごとに“王子役”を変えてパフォーマンスしてきた「アイドルカレッジと魔法のユートピア」を歌唱する。この日、石塚汐花扮する姫を佐藤春奈による悪役から取り戻す王子を演じたのは、舞台出演のため愛知公演と大阪公演を欠席した南千紗登。王子役が南と判明すると会場のボルテージは一気に上昇するも、途中で一旦曲がストップし、彼女たちは南から平田亜耶加に王子役を変更する演出でクラスメイトを驚かせた。

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)[拡大]

その後アイカレは、初代アップスカレッジのオリジナル曲「Shout it」を2代目アップスカレッジが歌い継ぐというエモーショナルな展開や、平田のピアノ伴奏に合わせてメンバー全員でバラード曲「強くなりたい」を歌い上げるパフォーマンスでクラスメイトの感動を誘う。終盤ではアイカレのキラーチューン「YOZORA」を、同ナンバーの原曲である「夜空」からつないで披露するいう初めての試みを実施。彼女たちはヒートアップするオーディエンスに向けてアイカレの楽曲ランキングイベントで1位を獲得した人気曲「せいしゅんしもべティック」を投下し、ライブ本編を終えた。

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)[拡大]

アンコールで再びステージに現れたメンバーは「がむしゃらFighter」「いちごパフェ」といったライブの人気曲を届けてから、クラスメイトに感謝の気持ちを伝えていく。さらに彼女たちは7月11日に約9カ月ぶりのニューシングル「AKATSUKI」をリリースすること、8月18日にWWW Xにてワンマンライブを行うことをアナウンスしてクラスメイトを歓喜させたほか、9月より恒例の秋ツアーをグループの結成9周年にちなんで9都市で開催することを発表。ツアーファイナルが12月9日に東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われることが告げられると、会場には大きな歓声が響きわたった。

グループ史上最大規模のワンマンライブが決定したことについて、石塚は「アイカレを応援してよかったって思ってもらえるようになりたい。無理な挑戦かもしれないけど絶対に満員にしてみせます!」と歓喜の涙を流しながら決意を表明する。そしてアイカレは、冨田樹梨亜の「これからも一歩一歩前に進んで、また皆さんと素敵な景色を見れるようにこれからもがんばっていきたいと思います」という語りをきっかけに「Happiness~kanshaのうた~」をメンバー全員で歌い上げた。

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」東京・WWW X公演の様子。(撮影:古川朋久)[拡大]

最後に海老原が「TOKYO DOME CITY HALLでのライブを成功させるには、これからの私たちのがんばりにかかってると思います。いろんな壁にぶち当たっていくと思いますが、そんなときは今回のツアーでいろいろなチャレンジをしたことを忘れずに、私たち自身と皆さんを信じて前進していきます!」と感謝の言葉でライブを締めくくるも、クラスメイトからはダブルアンコールが巻き起こり、メンバーは三度ステージに登場。この日2回目の「Wonderful Story」を熱唱した。仲間との絆を歌った同曲を笑顔と涙を交えながら歌った27人は、クラスメイトからの大歓声に見送られながらステージをあとに。およそ2時間半にもおよんだツアーファイナルを大盛り上がりのうちに終えた。

この記事の画像(全9件)

アイドルカレッジ「アイカレボリューション2018 革命的な春の東名阪ツアー」
2018年4月30日 WWW X セットリスト

01. Wonderful Story
02. ぬうべるばあぐ
03. 素晴らしきこの世界
04. NGワード~キミガスキ~(Up's COLLEGE 2nd GENERATION)
05. ハイ!ハイ!ハイジャンプ(Team C)
06. その羽根で飛んでゆけ!(Team D)
07. Feeling(Team I)
08. ONE DREAM~夢という旗のもと~
09. アイドルカレッジと魔法のユートピア
10. Shout it(初代アップスカレッジ / Up's COLLEGE 2nd GENERATION)
11. 強くなりたい
12. ONE FOR ALL
13. イチズレシピ
14. BEFUNYOUANDQN
15. ハルモニア
16. トゥルーエンドプレイヤー
17. 二人の未来
18. ビーマイ☆ゾンビ
19. ラブ/ライク
20. あのコが、髪を、切らない理由。(Up's COLLEGE 2nd GENERATION)
21. #常夏女子希望!!!
22. 夜空
23. YOZORA
24. せいしゅんしもべティック
<アンコール>
25. がむしゃらFighter
26. いちごパフェ
27. Happiness~kanshaのうた~
<ダブルアンコール>
28. Wonderful Story

アイドルカレッジ サマーライブ2018

2018年8月18日(土)東京都 WWW X

アイドルカレッジ9大都市ツアー

2018年9月24日(月・振休)神奈川県 横浜BAYSIS
2018年9月29日(土)広島県 CAVE-BE
2018年9月30日(日)福岡県 INSA
2018年10月20日(土)千葉県 KASHIWA PALOOZA
2018年11月4日(日)北海道 Sound Lab mole
2018年11月18日(日)宮城県 HooK SENDAI
2018年11月24日(土)大阪府 SUNHALL
2018年11月25日(日)愛知県 名古屋ライブホールM.I.D
2018年12月9日(日)東京都 TOKYO DOME CITY HALL

全文を表示

関連記事

アイドルカレッジのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 アイドルカレッジ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。