音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

転校少女歌撃団7人体制ラストライブでBLITZ満員に、新たな出発への決意語る

240

「転校少女歌撃団 5thワンマンライブ ~THE LAST GIGS~」の様子。

「転校少女歌撃団 5thワンマンライブ ~THE LAST GIGS~」の様子。

転校少女歌撃団が4月28日に東京・マイナビBLITZ赤坂でワンマンライブ「転校少女歌撃団 5thワンマンライブ ~THE LAST GIGS~」を開催。本公演をもって松本香穂、古森結衣、栗田恵美がグループを卒業した。

3人の最後のステージを見届けようと会場には大勢のファンが集まり、本公演のチケットはソールドアウト。転校少女歌撃団は佐藤裕晃(G)、宮本將行(B)、山崎慶(Dr)、村山☆潤(Key / FLOWER FLOWER)からなる“転校バンド”の演奏と共に21曲におよぶすべての持ち曲を披露した。「Overture」を経てステージに登場した彼女たちは、「TRIGGER」「ロシアンルーレット」「私の絶対領域」といったロックナンバーを連続で歌唱。「猟奇的You&Me」では研修生の千葉妃理もパフォーマンスに加わり、序盤から会場の温度を高めていった。

観客を煽りながら元気よく自己紹介をしたあと、転校少女歌撃団は「ナチュラル☆ハイ」「ときめけ☆アフタースクール!」「Love Range!」「Step By Step」を立て続けに歌唱。千葉を含めた8人で「ときめけ☆アフタースクール!」が披露されたのは今回の公演が最初で最後となった。その後、メンバーはオリコンデイリーシングルランキングで第1位を獲得した最新シングルの表題曲「ショコラの独白」を届けてから、切ない曲調の「She's Rain」や昨年4月発表のシングル曲「この世界にサヨナラして」でファンを魅了。中盤のMCでは「今が仲良しすぎて。今と比べたらあのとき他人みたいな感じで」と「この世界にサヨナラして」をリリースした頃を振り返り、「あの人が一番分厚い壁があった」とメンバーから暴露された古森は「キャラが崩れるからやめて!」「最後だから本当にやめて!」と慌てた様子を見せていた。

トークでファンの笑いを誘った7人は、古森の「私にとって、GALETTeのメンバーにとっても大切な曲を歌いたいと思います。会場揺らす準備できてますか!?」という曲振りから、彼女が以前に在籍していたGALETTeの楽曲「じゃじゃ馬と呼ばないで」を熱演。ラストのサビ前には古森の「転校少女が大好きです!」という叫びが場内に響きわたった。「Peace World」のパフォーマンス後には、松井さやか、松本、千葉の3人が「PAINT GIRL」、岡田夢以と栗田が「さかさまの世界」を歌唱。続く「サマーサマー皆SUMMER」ではメンバーが勢いよくタオルを振り回して会場を盛り上げ、松本はサングラスと付け髭を着用したり、ステージ上でチェキを撮影したりしてファンを楽しませた。そして彼女たちは「Mr.Dream」を経て、リーダーの岡田による「この曲もみんなの思いが詰まっている1曲で」「今までの感謝がすべて届くように歌いたいと思います」という言葉から、「銀河列車」を本編ラストに披露。涙を交えながら、エモーショナルに同曲を歌い上げた。

ファンの熱烈なアンコールに応えてTシャツ姿で再びステージに登場した転校少女歌撃団は、「バ・ビ・ブブブー・ブートキャンプ」をパフォーマンス。グッズ紹介を挟んで、1人ひとりファンへの挨拶を述べていった。グループ卒業後、アイドルとは違う形で芸能活動を継続する松本は「メンバーのこと本当に好きなの。だから、連絡先を消去とかしないでほしい」と目に涙を浮かべながらメンバーに話しかけ、「なんかツンデレのデレがないみたいに言われてるけど、本当はみんなのことが大好きで大切に思っていることを、香穂が転校少女じゃなくなってもずっと覚えていてほしいです」とファンに向けてコメント。HKT48、10COLOR'S、GALETTe、転校少女歌撃団の4つのグループを渡り歩き、約7年間アイドル活動を続けてきた古森は「もうこのメンバーだけで、私がいなくてもあの曲は歌い継いでもらいたいなと心から思っています」と「じゃじゃ馬と呼ばないで」について触れつつ、「私は今日でアイドルではなくなってしまうんですけど、最後が転校少女で本当に楽しかったし、幸せでした」「本当にアイドル楽しかったです!」と語り、栗田は「正直最初はアイドルとかよくわからなかったけど、ファンのみんなが好きだったからやってこれたと思います」「明日からはニートになっちゃうんだけど、それでもいいってくらいやりきりました」と心境を述べた。

最後に岡田が涙を流しながら「正直不安もたくさんあるんですけど、このままじゃ終われないと思っていて。きっとファンの皆さんも不安だと思うんですけど、これから続いていくメンバーは絶対に転校少女を終わらせることなんてしないから。7人で一緒に築いてきたものをなくすことはしないので、このグループを見ていてほしいです。積み上げてきたものをもっともっと何倍にもして、最高の景色を皆さんと見たいので絶対に目を離さないでほしいです」とファンに語りかけたあと、7人は「With You」を熱唱。ラストナンバーとして「恋はカムフラージュ」を届け、「5thワンマンライブ ~THE LAST GIGS~」の幕を閉じた。

なお転校少女歌撃団は本日4月30日をもって“解団”。5月よりグループ名を転校少女*(てんこうしょうじょ)に改めて活動する。さらに彼女たちは今夏に新メンバーを迎える予定。今秋には1stフルアルバムをリリースし、全国ツアーを開催する。

転校少女歌撃団「転校少女歌撃団 5thワンマンライブ ~THE LAST GIGS~」2018年4月28日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

00. Overture
01. TRIGGER
02. ロシアンルーレット
03. 私の絶対領域
04. 猟奇的You&Me
05. ナチュラル☆ハイ
06. ときめけ☆アフタースクール!
07. Love Range!
08. Step By Step
09. ショコラの独白
10. She's Rain
11. この世界にサヨナラして
12. じゃじゃ馬と呼ばないで
13. Peace World
14. PAINT GIRL
15. さかさまの世界
16. サマーサマー皆SUMMER
17. Mr.Dream
18. 銀河列車
<アンコール>
19. バ・ビ・ブブブー・ブートキャンプ
20. With You
21. 恋はカムフラージュ

音楽ナタリーをフォロー