音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

はちみつロケット、「総選挙」寸劇交えたメジャーデビュー後初ワンマンで“神7”に

279

はちみつロケット「STARDUST PLANET プレゼンツAKIBAカルチャーズ定期公演 ~スタプラメンバーが笑顔と元気をお届け!ネクストジェネレーションズLIVE~」の様子。

はちみつロケット「STARDUST PLANET プレゼンツAKIBAカルチャーズ定期公演 ~スタプラメンバーが笑顔と元気をお届け!ネクストジェネレーションズLIVE~」の様子。

はちみつロケットが昨日4月26日に東京・AKIBAカルチャーズ劇場で単独公演「STARDUST PLANET プレゼンツAKIBAカルチャーズ定期公演 ~スタプラメンバーが笑顔と元気をお届け!ネクストジェネレーションズLIVE~」を行った。

スターダストプロモーションの女性アイドル部門・STARDUST PLANETによる定期公演として隔週木曜日に行われている「STARDUST PLANET プレゼンツAKIBAカルチャーズ定期公演」。STARDUST PLANETより毎回異なるアイドルグループが登場するこの定期公演では、これまでに3B junior、CROWN POP、いぎなり東北産、私立恵比寿中学らがライブを繰り広げてきた。昨日の公演は、3月にポニーキャニオンより1stシングル「はちみつロケット ~黄金の七人~」と2ndシングル「おかしなわたしとはちみつのきみ」を同時リリースしたはちロケにとって、メジャーデビュー後初のワンマンライブとなった。

この日初披露となった「overture」が流れる中、はちロケはゴールドの衣装に身を包み、白い仮面を被ってステージに登場。仮面を外してポーズを決めた7人は、ライブ恒例の寸劇として「AKB48選抜総選挙」ならぬ「はちみつロケット総選挙」を最初に繰り広げる。「はちロケ総選挙」2位の雨宮かのんは悔しさを顔ににじませ、「はちロケはこれからお笑いグループになるんですね……」と後ろにいる播磨怜奈のほうを見ながらコメント。5千万5票を獲得して1位に輝いたはちロケのバラエティ担当である播磨は「はちみつロケットのことは嫌いでも、播磨怜奈のことは嫌いにならないでください!」と、2011年の「AKB48選抜総選挙」での前田敦子のMCを元ネタにしたセリフを叫び、グループのセンターで踊ることができる喜びを露わにした。

納得いかない表情を浮かべたメンバーから反発されるも、播磨はグループをまとめ上げて「播磨怜奈の初センター曲を披露したいと思います!」と宣言。はちロケは、2011年の「AKB48選抜総選挙」で1位に輝いた前田らAKB48の選抜メンバーが、当時ゴールドの衣装を着て発表した楽曲「フライングゲット」をカバーする。だが、「はちロケ総選挙」1位の播磨がセンターで歌うのかと思いきや、ステージの真ん中に立ったのはいつも通り雨宮。曲が終わると、「はちロケ総選挙」で播磨が1位になったのは彼女の夢だったというオチで寸劇は締めくくられた。

AKIBAカルチャーズ劇場がある秋葉原をネタにした寸劇でファンを笑わせたはちロケは、雨宮の「私たちが黄金の衣裳で歌うのはあの曲しかないでしょう」という言葉から「はちみつロケット ~黄金の七人~」を披露。続けてヒャダインこと前山田健一が手がけた「おかしなわたしとはちみつのきみ」を届けたあと、ピアノの音色から始まるエモーショナルなナンバー「お願いメテロティス」を歌唱して観客を魅了した。自己紹介では寸劇で飛び出した「7人しかいないから、どんな順位になっても全員神7だね」というセリフにちなみ、メンバーがそれぞれ“神だと思うもの”を紹介。食いしん坊キャラの華山志歩は「炭水化物です!」と迷いなく述べ、「この黄金の衣装を着てセンターに立ってる播磨怜奈です!」と語った播磨は「センターじゃないよ」というメンバーからのツッコミに、「私が立っているところすべてがセンターです!」と屈託のない表情で返した。

MCを終えたはちロケは、塚本颯来の「人生には盛り上がるか、盛り上がらないかの2択しかないぞ!」という煽りに合わせてアップチューン「バカイズム」をパフォーマンス。さらに倍速バージョンの「バカイズム」を間髪入れずに披露し、途中バックトラックが止まる機材トラブルが発生するも最後まで歌いきってファンを大いに盛り上げた。その後「ハニートランポリン」「恋メラ」「放課後リフレイン」を立て続けに届けた7人は、「走れ!Fit's ver.」を熱演。6曲連続のパフォーマンスで会場のボルテージを上昇させた。倍速バージョンの「バカイズム」についての話題では、「テンポアップされるとリズム感がない私にとっては早いわけですよ。一生懸命やったんですけど、大丈夫でしたか!?」とファンに語りかける公野舞華に対し、澪風は「体が追い付かないと思うじゃないですか。私は逆に頭が追い付かなかった!」とおバカキャラっぷりを見せつけた。

そして雨宮の「どんな神7よりどんな七福神より、この7人が最強だなと思います。この7人でしか歌えない曲を聴いてください!」という曲振りから、7人は「フレンドリーム」をラストナンバーとして披露。友情を歌った同曲でライブを締めくくった。最後のMCでは森青葉が神妙な面持ちで「ここで重要なお知らせがあります」と述べ、その言葉を受けた雨宮がメンバーによる「辞めないでー!」という声が飛び交う中、8月8日にはちロケの3rdシングルがリリースされることを発表。会場は歓声で包まれ、森は「はちロケから目が離せなくなるでしょう! 私たち、全力で突っ走っていくので皆さん付いて来てください!」と笑顔でファンに呼びかけた。

はちみつロケット「STARDUST PLANET プレゼンツAKIBAカルチャーズ定期公演 ~スタプラメンバーが笑顔と元気をお届け!ネクストジェネレーションズLIVE~」2018年4月26日 AKIBAカルチャーズ劇場 セットリスト

01. フライングゲット
02. はちみつロケット ~黄金の七人~
03. おかしなわたしとはちみつのきみ
04. お願いメテロティス
05. バカイズム
06. バカイズム(BPM=183ver.)
07. ハニートランポリン
08. 恋メラ
09. 放課後リフレイン
10. 走れ!Fit's ver. 
11. フレンドリーム

音楽ナタリーをフォロー