音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

エビ中がUFO見つける天文部員に、新体制初の主演ドラマ「君は放課後、宙を飛ぶ」

2960

私立恵比寿中学が主演を務める短編ドラマ「君は放課後、宙を飛ぶ」が8月にひかりTV、dTVチャンネルで配信される。

6人体制初の主演作となる「君は放課後、宙を飛ぶ」は、TBSサービスと東映の動画配信コンテンツプロジェクト第2弾にあたる作品。エビ中の6人が扮する天文部の女子高生がUFOを見つけたことで、不思議な事件に巻き込まれていく様子が描かれる。キャストにはエビ中メンバーのほか石原壮馬都丸紗也華鈴木理学佐藤貴史らが名を連ね、脚本は劇団・とくお組の徳尾浩司が担当。主題歌にはエビ中の新曲「響」が使用され、同楽曲は6月6日にリリースされるニューシングル「でかどんでん」に収められる。

ドラマ出演に際し、真山りかは「個々の活動を経て持ち帰ってきたものがたくさんあると思っていたので、それを生かしてがんばりたい!と思いました」、中山莉子は「今回のドラマが、映像になってみなさんに観てもらうと思うと、今までと違った緊張感があります。と同時に、天文部に憧れがあったのですごくうれしかったですね」とコメント。撮影時の様子について安本彩花は「楽屋で会話をしているノリのまま、撮影することが出来たので、すごく楽しかったです」、柏木ひなたは「今回は女子高生でキャラクターもバラバラなので、自分に似ている子もいれば全然違う役どころの子もいました」、小林歌穂は「みんなそれぞれ役柄的にいつもと違うので、違和感があるのかなと思っていましたが、撮影が進むにつれて、みんなすごく馴染んできて。最終的に、もうその役にしか見えなくなりました」と振り返った。また作品内でのメンバーの演技について、星名美怜は「いつものエビ中じゃない私たち、家にいるようなレベル(笑)の私たちが観られると思います」と語っている。

ドラマの配信日は後日発表。気になるファンは続報をお見逃しなく。

音楽ナタリーをフォロー