音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ラストアイドルファミリー集結した2ndワンマン、笑顔と涙のサプライズ満載

241

ラストアイドルファミリー(写真提供:Virgin Music)

ラストアイドルファミリー(写真提供:Virgin Music)

昨日4月18日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて、ラストアイドルファミリーの単独ライブ「ラストアイドルファミリー 2ndシングル発売記念コンサート」が開催された。

ラストアイドルはテレビ朝日系のオーディション番組から生まれたアイドルプロジェクト。番組の2ndシーズンではユニット同士による2ndシングル表題曲を懸けたバトルが繰り広げられ、その結果シュークリームロケッツが歌う「君のAchoo!」が表題曲となった。ファミリーにとって2度目のワンマンライブはこのシングル発売を記念して行われたもので、シュークリームロケッツ、LaLuce、Good Tears、Love Cocchi、Someday Somewhereの全5組が個性豊かなパフォーマンスでファンを楽しませた。

LaLuceの吉崎綾と古賀哉子、Good Tearsの王林による影アナが流れたあと、ステージに設置されたモニターに2ndシーズンのダイジェスト映像が流れる。フロアが色とりどりのサイリウムで埋め尽くされる中、ライブはシュークリームロケッツによる「君のAchoo!」でスタートした。シューロケが軽やかにステップを踏みながら同曲を歌唱したあと、続くGood Tearsはアダルトな雰囲気で「スリル」を、Love Cocchiは透明感ある歌声で「青春シンフォニー」を披露。さらにLaLuceが「風よ吹け!」、Someday Somewhereが「この恋はトランジット」と、各ユニットが2ndシングル収録曲を次々と届けた。全ユニットがステージに集結すると、LaLuceのリーダーを務める吉崎が「それぞれの成長ぶりがわかるように全力で自己紹介してください!」とメンバーたち呼びかけ、25名がマイクスタンドに向かって1人ずつ元気に挨拶した。

続くコーナーでは「ラストアイドルスペシャルバトル」が実施されることに。各ユニットは審査員の柏原収史、白戸佑輔、竹中夏海、日笠麗奈、吉田豪が客席で見守る中、担当プロデューサーにまつわる楽曲や指定された楽曲を歌唱した。ジャッジを担当した吉田豪は「単純に選曲が僕のツボ」という理由で、℃-uteの「DANCEでバコーン!」をカバーしたLove Cocchiを勝者に選ぶ。Love Cocchiには“1位のご褒美”としてCSテレ朝チャンネルでの冠特番がプレゼントされることになった。

ラストアイドル第2期の暫定メンバーによる「愛しか武器がない」のアクトのあと、ライブはシャッフルユニットコーナーへ。松本ももな、籾山ひめり、中村守里、鈴木遥夏、小澤愛実、山本愛梨は「春一番」を可憐に披露し、黒の衣装にヒール姿で現れた阿部菜々実、王林、相澤瑠香、山田まひろは「飾りじゃないのよ涙は」をクールに届けた。長月翠と清原梨央は真っ白の衣装で「青い珊瑚礁」を、大石夏摘、安田愛里、高橋真由、猪子れいあ、大森莉緒はレトロな衣装で「センチメンタルジャーニー」をパフォーマンス。続いて古賀、間島和奏、木村美咲が「慟哭」、吉崎、朝日花奈、池松愛理、西村歩乃果、石川夏海が「私がオバさんになっても」をカバーし、往年のアイドルソングでフロアの熱気を高めた。

その後のMCコーナーでは実写映画「がっこうぐらし!」のキャストがサプライズ発表され、LaLuceの阿部、LaLuceとシューロケを兼任する長月、Someday Somewhereの間島と清原の出演が明らかに。彼女たちはそれぞれ驚きの声を上げつつ、メンバーやファンの祝福を受け意気込みを語った。ライブ後半は、再び各ユニットが持ち曲を1曲ずつ歌唱。LaLuceは吉崎の「ファミリーを代表する曲です」という言葉からデビュー曲の「バンドワゴン」を披露し、モニターには涙を流しながら熱唱するメンバーたちの姿が映し出された。各ユニットのアクトを経て、ライブ本編はファミリー全員での「ラスアイ、よろしく」で和やかに終了した。

アンコールを受けて5組は再びステージへ。ここでLaLuceの吉崎と古賀、Good Tearsの王林の口からグループを卒業することが発表され、場内はしんと静まりかえる。王林は「りんご娘をもっとたくさんの方に知ってもらいたいという理由で挑戦したのですが、全部を全力でやるというのはやっぱり難しくて。今回母体に戻ることを決意しました。ラストアイドルファミリーのみんな、そしてもちろんGood Tearsのメンバーのことも全員大好きなので、ずっと応援しています」とメッセージを送り、古賀は「私は10代の頃から女優としても成功したいという夢があって、ラストアイドルとして上を目指す活動をしていく中、女優としての夢が強く蘇ってきました。今まで仲間と必死に取り組んできた日々は嘘ではありません。しかし、ラストアイドル、LaLuceとしての夢が私の中での絶対的な一番でないことに自分自身気付いてしまいました」と素直な胸の内を明かした。

最年長メンバーとしてファミリーを率いてきた吉崎は「初期メンバーで最年長ってだけで頼りないリーダーだったんですけど、みんなが支えてくれたからここまでがんばってこれました。大好きだよ、ありがとう」とメンバーに感謝を述べつつ、「1人になる不安はありますが、私は次の夢に向かいます。残りのイベントは悔いがないようにめちゃくちゃ全力で楽しんでいきますので、皆さんも楽しんでくれたらうれしいです」とファンに語りかける。3人が涙ながらにしっとりと「バンドワゴン」を歌唱すると、フロアからは温かい拍手が送られた。残るメンバーも加わり、ラストアイドルファミリーは「明日の空を見上げるために」でワンマンライブの幕を閉じた。

なお、卒業を発表した3人のメンバーは6月末までラストアイドルファミリーとしての活動を継続する。

ラストアイドルファミリー 2ndシングル発売記念コンサート 2018年4月18日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

01. 君のAchoo! / シュークリームロケッツ
02. スリル / Good Tears
03. 青春シンフォニー / Love Cocchi
04. 風よ吹け! / LaLuce
05. この恋はトランジット / Someday Somewhere
06. My Revolution(渡辺美里) / LaLuce
07. ゴーストルール(DECO*27) / Good Tears
08. 黒い天使(AKB48) / シュークリームロケッツ
09. DANCEでバコーン!(℃-ute) / Love Cocchi
10. 少女たちよ(AKB48) / Someday Somewhere
11. 愛しか武器がない / ラストアイドル2期暫定メンバー
12. 春一番(オリジナル:キャンディーズ) / 松本ももな、籾山ひめり、中村守里、鈴木遥夏、小澤愛実、山本愛梨
13. 飾りじゃないのよ涙は(オリジナル:中森明菜) / 阿部菜々実、王林、相澤瑠香、山田まひろ
14. 青い珊瑚礁(オリジナル:松田聖子) / 長月翠、清原梨央
15. センチメンタルジャーニー(オリジナル:松本伊代) / 大石夏摘、安田愛里、高橋真由、猪子れいあ、大森莉緒
16. 慟哭(オリジナル:工藤静香) / 古賀哉子、間島和奏、木村美咲
17. 私がオバさんになっても(オリジナル:森高千里) / 吉崎綾、朝日花奈、池松愛理、西村歩乃果、石川夏海
18. バンドワゴン / LaLuce
19. Again & Again / Someday Somewhere
20. 失恋乾杯 / Love Cocchi
21. 涙の仮面 / Good Tears
22. 想像上のフルーツ / シュークリームロケッツ
23. ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー
<アンコール>
24. バンドワゴン(strings ver.) / 吉崎綾、古賀哉子、王林
25. 明日の空を見上げるために / ラストアイドルファミリー
※カッコ内はオリジナルアーティスト。

音楽ナタリーをフォロー