音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくらしめじ「ハルシメジ」発売記念フリーライブで彪我のタンバリンが飛ぶ

958

さくらしめじ1stフルアルバム「ハルシメジ」リリース記念フリーライブイベントの様子。(Photo by HAJIME)

さくらしめじ1stフルアルバム「ハルシメジ」リリース記念フリーライブイベントの様子。(Photo by HAJIME)

さくらしめじが1stフルアルバム「ハルシメジ」のリリースを記念したフリーライブイベントを、本日4月8日に東京・昭島モリタウンMOVIX前ガーデンステージにて開催した。

2月より全国で行われてきた「ハルシメジ」リリース記念フリーライブイベントも、この日が最終日。本日のイベントには約500人の観客が集まった。バンドメンバーに続いて、観客の拍手に迎え入れられたさくらしめじ。田中雅功の「リリース記念イベント、最終日です!」という声に続いて、高田彪我は「今日は最後まで楽しむ準備はできてますか?」と観客エリアに呼びかける。大歓声を受けた2人はアルバムの1曲目「スタートダッシュ」でライブをスタートさせた。ユニゾン、掛け合い、ハモリと2人の声の魅力が存分に楽しめるこの曲では、雅功が頭の上で手拍子をすると観客も大きなアクションで応えた。

さくらしめじは改めて「僕らさくらしめじです!」と挨拶し、さくらしめじわくわくバンド(バンドメンバー)を紹介。自己紹介を経て披露された「菌カツ!」はさくらしめじのふたりが作詞した、「きのこ」をテーマにした曲で、「き」「の」「こ」の歌詞の部分で観客と一緒に盛り上がった。「僕たちが歌うことで1人でも笑顔になるなら、いつまでも歌い続けるよ」というメッセージが込められた「朝が来る前に」をしっとりと歌い上げたあと、雅功は「菌カツの掛け声ナイスでしたよー!」とにっこり。彪我も「グーグーでした!」とはしゃいだ。

2人が「今度は踊りたくないですか?」と問いかけると、観客からは「踊りたーい!」と声が上がる。そんなやり取りに続いて届けられた「ねこの16ビート」では、観客が両手をねこの手ようにぐーにして踊る“ねこダンス”を踊った。「ハルシメジ」に収録され満を持して音源化となった「えそらごと」で、さくらしめじは疾走感あふれる気持ちのいいメロディを響かせた。

イベントのラストナンバーとして告げられたのは「みちくさこうしんきょく」。2人が最後にジャンプを決めると、彪我の首にかけられたタンバリンが飛んだ。ライブを終えたさくらしめじは「もっともっと僕らの曲をたくさんの人に届けられるようにがんばります」と、ここに来てくれたすべての人に感謝をしてイベントを締めくくった。なお本日のイベントでさくらしめじは学園祭ツアーを行うことを発表。詳細は特設サイトにて確認を。

音楽ナタリーをフォロー