KEN THE 390「リフレイン」ツアー東京公演にDOTAMAとFORKが駆けつける

273

KEN THE 390のワンマンツアー「KEN THE 390 LIVE TOUR 2018『リフレイン』」の初日である東京・SOUND MUSEUM VISION公演が4月1日に開催された。

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)

大きなサイズで見る(全11件)

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)[拡大]

このツアーは2月にリリースされた2年半ぶりのアルバム「リフレイン」を携えて4都市で行われているもの。セットリストは「リフレイン」の収録曲を中心にしつつ、バラエティに富んだ楽曲で構成された。

東京公演はKEN THE 390が主宰するDREAM BOYに所属しているACE COOLがライブ序盤からゲストとして登場し、「夜が来るまで」でコラボを披露。キレのあるラップでライブに華を添え、早くも会場は大きな盛り上がりになった。その後も、マシンガンのように高速で言葉をぶつける「Clap」や、スタンドマイクでメロディアスに歌う「Winter Song」など、幅広い選曲でオーディエンスを魅了。あまりの会場の熱気に、彼は「ジャケット脱いでいいですかね? こんな空気になると思わなかった」と言いながら上着を脱いだ。

左からKEN THE 390、DOTAMA。(Photo by Saeka Shimada)

左からKEN THE 390、DOTAMA。(Photo by Saeka Shimada)[拡大]

ライブ中盤、2人目のゲストとして登場したのはDOTAMA。2人は、サイプレス上野のパートを観客にラップさせながら「調子悪い」を披露した。さらに彼らは映画「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」とのコラボ曲「CALL OF JUSTICE」を2人だけでパフォーマンス。DOTAMAが去ったあとはKEN THE 390が客演した楽曲を7曲つなげたメドレーをスタートさせ、次々に畳みかけられるアッパーチューンに会場は興奮で包まれた。そしてFORK(ICE BAHN)の登場で会場の盛り上がりは最高潮に。2人だけでの「Chase」を披露したあとで、FORKは「初めて歌詞を飛ばしたぜ」と言って笑った。その後、KEN THE 390とFORKは「インファイト」で白熱したステージを繰り広げた。

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)

KEN THE 390(Photo by Saeka Shimada)[拡大]

アンコールでKEN THE 390は、Fm yokohamaで毎週日曜に放送中の「BREAK IT DOWN」にて4月からレギュラーDJを務めることになったことを報告。さらに「夏にEPくらい出したいなと思って制作を開始しています」と告げ、フロアから喜びの声が上がった。

この記事の画像(全11件)

関連する特集・インタビュー

KEN THE 390のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 KEN THE 390 / DOTAMA の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。