音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

少女-ロリヰタ-23区、6月で活動終了「もう一度みんなの思い出の中へと還ります」

329

「少女-ロリヰタ-23区活動終了ONEMAN 『最終帝区』」告知ビジュアル

「少女-ロリヰタ-23区活動終了ONEMAN 『最終帝区』」告知ビジュアル

少女-ロリヰタ-23区が6月14日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催するワンマンライブ「最終帝区」をもって活動を終了することを発表した。

活動終了にあたり、メンバーは「少女-ロリヰタ-23区はもう一度みんなの思い出の中へと還ります」とコメント。また、このライブ会場限定で新作CD(タイトル未定)を販売することもアナウンスされた。オフィシャルサイトでは4月10日23:23まで、ラストライブのチケット先行抽選予約を受付中。

2004年に結成された少女-ロリヰタ-23区は2012年に一旦活動を休止。2016年秋の1日限りの復活を経て、2017年1月にオリジナルメンバーでの完全復活を果たし、新作リリースや全国ツアーなどの活動を展開していた。

少女-ロリヰタ-23区活動終了ONEMAN 「最終帝区」

2018年6月14日(木)東京都 TSUTAYA O-EAST

少女-ロリヰタ-23区 コメント

少女-ロリヰタ-23区活動終了のお知らせ

いつも少女-ロリヰタ-23区を応援頂き誠にありがとうございます。

来たる2018年6月14日(木)TSUTAYA O-EASTワンマン「最終帝区」をもって、少女-ロリヰタ-23区は活動を終了することを決断いたしました。

2016年9月17日の一日復活と2017年1月15日の完全復活以降、ファンの皆様に支えられて今日まで活動することが出来ました。

それぞれの道を歩んでいた5人がまた再び巡り合い、たくさんの方々に求めてもらえたからこそ過ごせた、この奇跡のような時間に心から感謝しています。

少女-ロリヰタ-23区はもう一度みんなの思い出の中へと還ります。

また、兼ねてより予告していた新譜をバンド最後の作品となる【会場限定CD】としてO-EASTワンマンにて発売いたします。

心から幸せな日々を本当にありがとうございました。
5人の夢の完結を、どうか見届けに来て下さい。

少女-ロリヰタ-23区
颯 龍兎 ユ≠キ リョヲ丞 BAN

メンバー コメント

自分の人生のページの中で最も濃い日といってもおかしくない『2017年1月15日』
復活したこの日から全力で走ってきた。

まさかこの5人で、また君達とロリヰタを創れるとは思わなかった。

思い返せば、毎日おかしいくらいにロリヰタの事だけを考えてた。
期間でいえば短かったかもしれないけど、本当に濃い毎日だった。

本当はこの先もずっと一緒にいたかった。
この決断をした今でも心から必要としてくれてる君の事を想うと胸が痛くて仕方ない。

それでもタイムリミットがきたみたいだ。

ロリヰタの完結に向けて、残る最後の一欠片のPieceを嵌めよう。

俺達とみんなで完成させる瞬間『2018年6月14日』ロリヰタを永遠に閉じ込めます。

最後の瞬間は、果てしなく暗い闇の中だとしても、どんなホシよりも熱を帯びて、唯一無二な色に光り輝くように。

カタチは無くなっても、一人一人の心の中でずっとずっと生き続けるように。

深く刻み付けたい。

最後の夜、それぞれの想いで、それぞれのカタチで永遠にサヨナラしよう。

龍兎

完全復活から約1年半この五人でツアーを回ったり音源制作をしたりととても充実したバンド活動ができました。

昔から応援してくれてた人達も新しくロリヰタを知って好きになってくれた人達も短い期間だったけど本当ありがとうございました。

とても幸せな日々が過ごせました。

来たる6月14日TSUTAYA O-EASTの公演をもちまして活動を終了致します。
またこの五人で集まれる日が来れるようこの日を最高のライブにする為今から精進していきたいと思います。

6月14日TSUTAYA O-EASTで待ってます。

ユ≠キ

少女-ロリヰタ-23区もう一度このメンバーで出来た事に感謝!
また会う日まで~

リョヲ丞

振り返ると、何もかもが夢のような日々でした。

一度は幕を下ろしたはずの少女-ロリヰタ-23区という存在がこの時代にまた息を吹き返し、ファンのみんなと共に活動出来たことへの奇跡と感謝を俺は死ぬまで忘れないと思います。
本当に本当に、ありがとう。

そして同時にこの知らせを受けたみんなのことを思うと、どうしようもなく胸が痛みます。
もちろん、ずっと続くことを願っていました。けれども限られた時の中だからこそ放たれる輝きというものもまた、人生においては存在するのかもしれません。

このバンドを再び動かし、そして再び眠りにつくという一連の物語そのものを、君の人生へのメッセージとして受け取ってもらえると嬉しいなと思います。
この選択が意義のあるものになるべく、俺たちはきっとこれからも一生懸命に生きていきます。

奇跡の日々をありがとう。本当に。

まだ何も終わっていない。
「最終帝区」のその日まで、物語は続きます。

6月14日、5人揃ってのワンマンで立つTSUTAYA O-EASTで逢いましょう。

BAN

少女-ロリヰタ-23区は永久に不滅です

音楽ナタリーをフォロー