音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ポルノグラフィティ、人々が懸命に生きる姿描いたMVに吉田沙保里&オカダ・カズチカ

826

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの楽曲「Working men blues」のミュージックビデオのショートバージョンがYouTubeで公開された。

「Working men blues」はポルノグラフィティが昨年10月にリリースしたアルバム「BUTTERFLY EFFECT」の収録曲。Amazonプライム・ビデオのドラマ「チェイス 第1章」の主題歌として書き下ろされたナンバーで、作詞を新藤晴一(G)、作曲を岡野昭仁(Vo)が手がけている。働くことの悲哀、矜持を表現した楽曲に合わせて、MVには警備員、保育士、自転車店員、ダンサーといったさまざまな職種の人々が日々を懸命に生きている姿が描かれた。ゲストとしてレスリング選手の吉田沙保里、プロレスラーのオカダ・カズチカも出演している。

「Working men blues」のMVフルバージョンは、ポルノグラフィティが本日3月21日にリリースしたニューシングル「カメレオン・レンズ」の初回限定盤に付属するDVDに収録されている。

音楽ナタリーをフォロー