音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

RADWIMPS「空海」初日舞台挨拶に駆け付ける、主題歌手がけ「誇らしかった」

5107

左から野田洋次郎(RADWIMPS)、染谷将太、阿部寛。

左から野田洋次郎(RADWIMPS)、染谷将太、阿部寛。

RADWIMPSが本日2月24日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された、映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」の初日舞台挨拶にサプライズゲストとして登壇した。

本日より全国公開される日中共同製作映画「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」は、日本から遣唐使として異国を訪れる若き僧侶・空海を主人公にした物語。空海が詩人の白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る。RADWIMPSは今作の主題歌として「Mountain Top」を書き下ろし。日本版限定の挿入歌「Shape Of Miracle」も手がけた。

舞台挨拶には主演の染谷将太をはじめ、阿部寛松坂慶子といったキャスト陣、チェン・カイコー監督が登壇。彼らがトークをしていると、花束を手にしたRADWIMPSの野田洋次郎(Vo, G, Piano)、桑原彰(G)、武田祐介(B)がステージへと現れた。3人はキャストと監督に花束を渡し、改めて挨拶。野田は主題歌のオファーを受けたときの印象を「監督のお名前はもちろん存じ上げていました。去年の2月頃にRADWIMPSにオファーをいただき、6月頃から監督とどういった音楽にしようかと日本でディスカッションを重ねました。最初に『RADWIMPSの音がこの映画に必要なんだ』とおっしゃていただき、すごく誇らしかったです。なんとか監督の期待に応えたいなという思いがありました」と語った。

主題歌を書き下ろすにあたり、野田は監督から「あなたが映画を観て感じたように作ってください」というオーダーを受けたそうで、映画の大きなテーマが「愛と許し」であることを聞いた野田はそのテーマをもとに歌詞を紡いだという。野田の発言を受けた監督は「エンディングに流れるこの曲は映画に別の意味をもたらしてくれます。この歌を聴いて、生きることに対する喜びを実感することができるできるのではないか。この曲が映画にもたらした新しい感覚でございます」と話した。

すでに映画を鑑賞済みだというRADWIMPSメンバー。桑原は「僕は中国の歴史とか全然勉強してこなかったんですが、それでもすごいわかりやすくできています。歴史がわからなくても楽しめる映画です」と一見難しそうな今作が観やすい作品であることを伝える。武田は映画のスケール感を絶賛し、「大きさだけでなく役者さん1人ひとりの動きだったりとか、美術、衣装の美しさがすごいレベルで作られていて。僕は映画に深く入り込めて、ストーリーにもエネルギーをもらいました。素晴らしい映画だと思います」と映画の内容にも感激した様子だった。

また彼らの話を聞いていたキャスト陣も主題歌への思いを明かす。染谷は「激しい映画を優しく包み込んでくださって、最後の最後で映画を引っ張ってくれた」、阿部は「この映画の空海と白楽天の明るさ、生きることにぴったりの曲」、松坂は「映画の世界観を素敵に表現してくださって、今や未来の人に大事なことを伝えている曲だなと思いました」と、「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」のエンディングを彩る「Mountain Top」について感想を述べた。

なお「Mountain Top」と「Shape Of Miracle」が収録されたシングル「Mountain Top / Shape Of Miracle」は2月21日に発売された。

音楽ナタリーをフォロー