音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

さくら学院、Perfumeカバーも披露した熱気に満ちたBLITZ公演

1424

さくら学院「The Road to Graduation 2017 ~Sakura de Sacas~」アンコールの様子。

さくら学院「The Road to Graduation 2017 ~Sakura de Sacas~」アンコールの様子。

さくら学院が2月17日に東京・マイナビBLITZ赤坂にて、ライブイベント「The Road to Graduation 2017 ~Sakura de Sacas~」を開催した。

昼と夜の2公演が行われた本イベントは、中等部3年の卒業に向けたライブシリーズ「The Road to Graduation」の2017年度第1弾として実施されたもの。卒業ソング「My Graduation Toss」をはじめ、「Planet Episode 008」や「Capsule Scope」という今年度初披露のナンバー、「Sakura Happy Cover Medley☆2017 in Sacas」と題したカバー曲のメドレーなど、スペシャルなセットリストでライブが展開された。

昼の部は「FLY AWAY」で勢いよくスタート。ひさびさのオールスタンディングのライブとあって、フロアは急速に熱を帯びていく。さくら学院は自己紹介を済ませたあと「どんどんライブは進んでいきますよ!」「2018年の一発目! 盛り上がっていきましょう!」と父兄(さくら学院のファン)を煽り、「チャイム」「School days」を元気いっぱいに届けた。

その後のMCでは2月12日に福岡・久留米シティプラザ ザ・グランドホールで千秋楽を迎えた、岡崎百々子出演の舞台「ミュージカル『黒執事』-Tango on the Campania-」の話題に。「おかえりなさい!」とメンバーたちに声をかけられると、岡崎は「ちょうど去年のこの時期にオーディションを受けて、少しして出演が決まって。みんなには夏頃に話したけれど、さくら学院と『黒執事』とを両立できるか不安でしょうがなかった。でもみんなから『百々子がいつ帰ってきてもいいようにしておくから安心して行っておいで!』と言ってもらえたから、無事に千秋楽を迎えられました。さくら学院はいつ帰ってきても『おかえり』と迎え入れてもらえる場所だなと思えました」と安堵の表情を見せた。岡崎の勇姿を目撃しに会場に足を運んだというさくら学院メンバー。麻生真彩が「リジーが刀を使って敵を倒すところがカッコよくて、立ち振舞がもうリジー! 役に入り込んでて感動!」と熱弁する一方、山出愛子は「最初は『百々子だな』と思って観ていたけど途中からリジーにしか見えなかった! でもオープニングとエンディングで歌うところで、腕が船の柵に引っかかっていて『やっぱり百々子だな』と思って(笑)」と気になった箇所を指摘する。山出が「千秋楽ではどうだったの?」と問いかけると、岡崎は「引っかかってたねー(笑)。そこ観たい人います? DVDチェックしてくださいね」と苦笑いしていた。

ロックサウンドが特徴の卒業ソング「My Graduation Toss」、クールなダンスとソロパートで魅せる「I・J・I」、太陽系の惑星をコミカルに演じる「Planet Episode 008」を届けたあと、12人はここまでのライブの内容を振り返る。山出は「My Graduation Toss」で歴代の生徒会長と同じポジションを務めたことについて「憧れの位置で、ずっとお家で練習していたので叶ってうれしい。卒業が近付いていると思うと寂しいけど、楽しく卒業を歌えました」とコメント。「I・J・I」で昨年度の生徒会長の倉島颯良が務めていたセンターポジションを担当した岡崎は「颯良ちゃんが出す勢いがカッコよくて憧れていたのでセンターをやることになって、颯良ちゃんを意識してがんばりました!」と話した。「Planet Episode 008」で太陽系の惑星を紹介する“木星”を演じた藤平華乃も「去年は真彩がやっていて憧れていて。みんなを独り占めできて最高!」と、それぞれ新たなポジションについて語った。

本編は「未完成シルエット」で終了。アンコールではメドレーが披露され、まず中等部1年の藤平、吉田爽葉香、有友緒心、森萌々穂、小等部5年の田中美空、八木美樹の6名でフィンガー5「恋のダイヤル6700」のカバーをキュートにパフォーマンスした。続いて登場した中等部2年の麻生、日高麻鈴、新谷ゆづみはSPEED「White Love」をカバー。3人は本家の振り付けを交えながら、まっすぐな歌声を届けた。中等部3年の山出、岡田愛、岡崎は3月3日にリリースするアルバム「さくら学院 2017年度 ~My Road~」では12人でカバーしたPerfume「ねぇ」を披露。その後9人も合流し、Perfume「チョコレイト・ディスコ」をフラッグを使った振り付けでかわいらしく歌った。そして昼の部の最後は今年度の新曲「My Road」で締めくくられた。

夜の部は「My Graduation Toss」で幕開け。自己紹介パートではオリンピックシーズンであることにちなみ、メンバーそれぞれがやってみたいオリンピック種目を挙げる。山出と岡崎は「卓球」、岡田と日高は「フィギュアスケート」、麻生は「大食い選手権」、新谷は「サッカー」、藤平は「マット運動、鉄棒、野球、サッカー」、吉田は「水泳」、有友は「開会式か閉会式」、森と八木は「スキージャンプ」、田中は「器械体操」と、それぞれ個性を活かした回答で会場を沸かせた。

またさくら学院は「FRIENDS」を歌い終えたあと、2月14日にリリースしたライブビデオ「さくら学院祭☆2017」の見どころをトーク。「FRIENDS」を題材にした寸劇や購買部の新曲「あきんど☆魂」のパフォーマンスシーンなどが挙がる中、森は特典のドキュメンタリー映像に注目してほしいという。理由については「寸劇の練習をしているときに萌々穂が後ろのほうで“スペシャルもえもえほー”の練習をしているんです。自分のことなんですけど面白かったから観てください」と語った。

夜の部の本編最後を飾ったのは「Magic Melody」。冬らしい歌詞と切ないメロディで会場を包み込み、12人はステージを下りた。アンコールでは1部と同じくメドレーと「My Road」が披露され、「The Road to Graduation 2017 ~Sakura de Sacas~」の幕が閉じた。

さくら学院の次回ライブは3月20日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催されるスタンディングライブ「The Road to Graduation 2017 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~」。3月24日には東京・中野サンプラザホールにて今年度の卒業公演「The Road to Graduation 2017 Final~さくら学院 2017年度 卒業~」が控えている。

さくら学院「The Road to Graduation 2017 ~Sakura de Sacas~」2018年2月17日 マイナビBLITZ赤坂 セットリスト

昼の部

01. FLY AWAY
02. オトメゴコロ。
03. チャイム
04. School days
05. My Graduation Toss
06. I・J・I
07. Planet Episode 008
08. Capsule Scope
09. 君に届け
10. 未完成シルエット
<アンコール>
11. Sakura Happy Cover Medley☆2017 in Sacas
・恋のダイヤル6700 / 藤平華乃、吉田爽葉香、有友緒心、森萌々穂、田中美空、八木美樹
・White Love / 麻生真彩、日高麻鈴、新谷ゆづみ
・ねぇ / 山出愛子、岡田愛、岡崎百々子
・チョコレイト・ディスコ / さくら学院
12. My Road

夜の部

01. My Graduation Toss
02. I・J・I
03. ベリシュビッッ
04. Capsule Scope
05. FRIENDS
06. FLY AWAY
07. オトメゴコロ。
08. さよなら、涙。
09. Planet Episode 008
10. Magic Melody
<アンコール>
11. Sakura Happy Cover Medley☆2017 in Sacas
・恋のダイヤル6700 / 藤平華乃、吉田爽葉香、有友緒心、森萌々穂、田中美空、八木美樹
・White Love / 麻生真彩、日高麻鈴、新谷ゆづみ
・ねぇ / 山出愛子、岡田愛、岡崎百々子
・チョコレイト・ディスコ / さくら学院
12. My Road

The Road to Graduation 2017 ~放課後アンソロジー レッツ スタンディング~

2018年3月20日(火)東京都 TSUTAYA O-EAST

The Road to Graduation 2017 Final~さくら学院 2017年度 卒業~

2018年3月24日(土)東京都 中野サンプラザホール

※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー