音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

ももクロ、4人体制初ライブを語る「あんなに会場が笑いに包まれるとは」

4271

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZ

ももいろクローバーZが昨日2月10日と本日11日に神奈川・横浜アリーナにてバレンタインイベント「ニッポン放送 ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z! 2018」を開催。本日の公演前にマスコミの囲み取材に応じた。

「ももクロくらぶxoxo ~バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!」は、ももクロがメインパーソナリティを務めるニッポン放送の番組「ももクロくらぶxoxo」の公開収録イベント。6年目の開催となる今年の公演は昨年と同様に初日公演に「裏」、2日目公演に「表」とそれぞれサブタイトルを付けて行われている。1月21日に行われたライブをもって有安杏果がグループを卒業したももクロは、昨日の公演で4人体制での初ライブを披露したことについてコメント。百田夏菜子は「『行くぜっ!怪盗少女』とか歌割りはもちろんダンスもがらりと変えた部分があって。アクロバットもいいところを残しつつ、よりパワーアップしたものを4人で作っています」と語り、高城れには「『行くぜっ!怪盗少女』のコールにはこれまで5人の名前が入っていたんですけど、それが4人になって『れに、かなこ、しおり、ささき、あやか』になったんですよ」とももクロの代表曲「行くぜっ!怪盗少女」のコールに佐々木彩夏の名前がフルネームで入るようになったことに言及した。

「あんなに会場が笑いに包まれるとは思わなくて」と昨日の公演で「行くぜっ!怪盗少女」を披露したときのことを振り返った百田は、さらに同曲でメンバーが1人ずつ出欠番号を叫ぶパートをどう変更するか、ライブの前日まで決まらなかったことを告白。結果的に「1、2、3、4、うー、イエイ!」というフレーズに落ち着いたことを説明した。また玉井は「4人だとステージ上のバミリが0.75とか0.25って刻むんですよ。みんな数字に弱いので慣れるまで時間がかかりそうです」と4人体制になり苦労しているエピソードを紹介した。

毎年バレンタインイベントで「ももクロくらぶxoxo」のリスナーからの投票によるリクエスト曲が披露されていることについては、玉井が「ライブではそこまでやらないのに、このライブになると絶対に入ってくる曲があるんですよ」とコメント。高城は「10年目にしてファンの方が好きな曲がわかってきました」と笑顔を見せた。記者からの「個人の活動でやってみたいことは?」という質問には、百田が「静岡と東京の区間の新幹線の車内アナウンスをやってみたいです」と述べ、佐々木は「うちには1人でCMに出ているメンバーがいないので、女の子らしいピンクっぽいソロのCM待ってます! あと、ラジオをやらせてもらって7年目なんですけど、一向にガーナのCMが来ないんです」とロッテ「ガーナチョコレート」のCM出演のオファーを待望していることを明かした。

バレンタインについての話題では百田が「昔はみんな手作りしてスタッフさんに配ったりしてたんですけど、年々手を抜いてきていて」と話すと、スタッフにお煎餅を配っていたことをメンバーから暴露され赤面。玉井は「ハートのお煎餅がバッキバキに割れてたらしいです(笑)」と話して記者たちの笑いを誘った。

音楽ナタリーをフォロー