音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

錦戸亮が就いてみたい職業は?目指すはTOKIO兄さん超え

2512

左から木村文乃、錦戸亮(関ジャニ∞)、松田龍平。

左から木村文乃、錦戸亮(関ジャニ∞)、松田龍平。

錦戸亮関ジャニ∞)主演映画「羊の木」の初日舞台挨拶が、本日2月3日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。

「羊の木」は山上たつひこが原作、いがらしみきおが作画を担当した同名マンガをもとにしたサスペンス。国家の極秘プロジェクトのもと、過疎対策として仮釈放された元殺人犯たちを受け入れた港町・魚深市で起こる事件が描かれる。

初日舞台挨拶にはキャストの錦戸、木村文乃北村一輝優香市川実日子水澤紳吾田中泯松田龍平、監督の吉田大八が出席。この場で初顔合わせとなった9人は公開初日を迎えた喜びを語った。最初にマイクを握った錦戸は「全国に届いているんですよね?」とライブビューイング用のカメラに手を振る。そして「もしかしたらこれは監督からの問いかけなのかな?と思うような、いろんな感覚に陥る映画。長く楽しめる作品です」と映画の見どころを語った。

挨拶が終わると9人は「元殺人犯が仮釈放され、新たな町で生活をスタートさせる」という映画の設定にちなみ、「誰も知らない町で新生活を始めるとしたらどんな職業に就いてみたいか?」をテーマにクロストークを展開。錦戸は「なんの職業になりたいか! 僕が興味あるのは左官屋さん!」と声を張り、映画の余韻に浸る観客たちの注目を引く。理由については「壁を塗るような職人技の動画をYouTubeで観るのが好き。だから僕は生まれ変わったら左官屋さんになりたいです! あ、生まれ変わったらじゃないか(笑)。TOKIO兄さんを超えるくらいの左官屋さんになりたいですね!」と笑顔を見せた。

水澤が「私は動物にすごくなつかれないので、牧場とかで大きい動物から攻めていきたい。馬や牛から攻めれば犬猫に愛されるかもしれない。動物に愛される男の人ってカッコいい」と語ると、錦戸は「大丈夫ですよ。僕らは愛してますからね」と微笑む。「本当ですか?」とうれしそうに聞き返す水澤に対して、錦戸は「ウソです……いや、でも好きですよ!」と返し、会場の笑いを誘った。またそのほかキャストたちが錦戸と同じく職人的な仕事を挙げると、錦戸は「やっぱり職人気質の人が多いんじゃないですか。こういう世界は」と納得した様子を見せた。

その後登壇者たちは映画のヒットを願って鏡割りを行うことに。鏡割りをするのが初めてだという錦戸はそのほかの登壇者たちと木槌を下ろす位置やタイミングを相談。そして錦戸の「せーの!」の掛け声を合図に9人が木槌を振り下ろすと、見事に酒樽の蓋が割れた。

最後の挨拶で錦戸は来場者へ感謝の気持ちを述べたあと、映画について「朝イチで観たら、朝からすき焼きを食っているみたいな感覚になるような作品です。ふとした瞬間に思い出して少しずつ消化して観ていただきたい。観た人の数だけ答えがある映画です」とコメント。拍手に包まれながら初日舞台挨拶の幕が閉じた。

(c)2018『羊の木』製作委員会 (c)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

音楽ナタリーをフォロー