音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

THE COLLECTORS、新宿JAMに帰還!初ワンマンそのままのセトリで演奏

679

THE COLLECTORS「WELCOME TO THE FLOWER FIELDS AND THE MUSHROOM KINGDOM」の様子。(撮影:柴田恵理)

THE COLLECTORS「WELCOME TO THE FLOWER FIELDS AND THE MUSHROOM KINGDOM」の様子。(撮影:柴田恵理)

THE COLLECTORSのワンマンライブ「WELCOME TO THE FLOWER FIELDS AND THE MUSHROOM KINGDOM」が12月24日に東京・新宿JAMで開催された。

新宿JAMはかつてTHE COLLECTORSが初ワンマンを行った会場。今回の公演は年内で閉店となるこの会場を舞台に、初ワンマンと同じセットリストで昼夜2回にわたって実施された。この記事では昼公演の模様をレポートする。

イベント「MODS MAYDAY」の主催者である黒田マナブのDJが行われたのち、開演時刻になるとメンバーがステージに登場。序盤では「僕はコレクター」「アーリー・イン・ザ・モーニング」といったアップテンポなナンバーが力強いサウンドで披露された。

「アーリー・イン・ザ・モーニング」の演奏が終わると、加藤ひさし(Vo)はMCで今回のステージ衣装について触れ、現存しているものの中で最も古い新宿JAM公演の映像と同じく古市コータロー(G)は赤いポロシャツ、自らは黒いスーツを用意したことを明かした。また「1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEK」のあと、加藤は山森“JEFF”正之(B)がかつてメンバーとして活動していたザ・シャムロックと新宿JAMで競演したことを回想したり、初ワンマンの頃は、まだメンバーではなかった古沢'cozi'岳之(Dr)が幼かったことに驚いたりと、さまざまな話題でオーディエンスを楽しませた。

中盤からは古市加入後、初めて制作されたという「扉をたたいて」、おびただしい数のチューインガムがフロアを飛び交った「リグレイ・チューインガム」など、当時を思い起こさせるパフォーマンスを観客たちと共に展開。ノスタルジックな雰囲気が漂う「僕は恐竜」を挟み、古沢がパワフルなステージングで観客を魅了した「NICK! NICK! NICK!」、疾走感あふれる「僕の時間機械」でライブは終了。初ワンマンと同じ14曲で新宿JAM最後のライブを彩った。

THE COLLECTORS「WELCOME TO THE FLOWER FIELDS AND THE MUSHROOM KINGDOM」
2017年12月24日 新宿JAM セットリスト

01. 僕はコレクター
02. アーリー・イン・ザ・モーニング
03. TOO MUCH ROMANTIC!
04. 1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEK
05. ロボット工場
06. 虹色サーカス団
07. プ・ラ・モ・デ・ル
08. 扉をたたいて
09. 夢みる君と僕
10. リグレイ・チューインガム
11. 問題児
12. 僕は恐竜
13. NICK! NICK! NICK!
14. 僕の時間機械

音楽ナタリーをフォロー