音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

乃木坂46能條愛未、ミュージカル「少女革命ウテナ」で主演

1148

3月8日より東京・CBGKシブゲキ!!にて上演されるミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」のキャストが発表。主人公の天上ウテナを能條愛未(乃木坂46)が演じることが明らかになった。

「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」は、1997年に放送されたテレビアニメ「少女革命ウテナ」を原作としたミュージカル。男装の少女・ウテナが「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女・姫宮アンシーと出会い“世界を革命する力”を手に入れるための闘いに巻き込まれていく姿が描かれる。

ウテナを演じる能條は「決闘シーンの殺陣や座長という立場は初めてなので少々緊張しますが、ウテナは潔くカッコいい女の子なので立派に演じきりたいと思っています」とコメント。このほかアンシー役を山内優花が、西園寺莢一役を横井翔二郎が、篠原若葉役を竹内夢が演じることも発表された。桐生冬芽役は後日発表される。

ポニーキャニオンのアニメ通販サイト「きゃにめ」では、12月25日10:00よりチケットの先行予約受付を実施する。一般販売は2月3日スタート。

能條愛未(乃木坂46) コメント

少女革命ウテナが放送されていたのは20年前。その作品が新たにミュージカルとして舞台化される事、すごく嬉しく思います。決闘シーンの殺陣や座長という立場は初めてなので少々緊張しますが、ウテナは潔くカッコいい女の子なので 立派に演じきりたいと思っています。
原作ファンの方、そして今回この機会にはじめてウテナを知ったという方全ての皆様に このミュージカル「少女革命ウテナ」が愛されるよう頑張りますので是非劇場へお越しください。お待ちしています。

山内優花

こんなにも愛の深い作品に参加できること、とても嬉しく思います。
今にも何かが壊れてしまいそうな、それでいて力強さもある。
そんな繊細な世界観に胸がぎゅっと掴まれました。
アンシーと共に、私にとっても革命の作品になると思うので、大切に向き合いたいと思います。

ミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」

2018年3月8日(木)~18日(日)東京都 CBGKシブゲキ!!
※3月12日(月)は休演日
<出演者>
能條愛未(乃木坂46) / 山内優花 / 横井翔二郎 / 立道梨緒奈 / 大崎捺希 / 鈴木亜里紗 / 竹内夢 / 熊田愛里 / NENE / 池田謙信 / 山内涼平

(c)ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京 (c)ミュージカル「少女革命ウテナ」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー