音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「SONGS OF TOKYO」でPerfume、Linked Horizon、X JAPAN、久石譲ら熱演

2702

Perfume (c)NHK

Perfume (c)NHK

11月26日に東京・NHKホールにてNHKワールドTVおよびNHK総合で2018年1月に放送される音楽番組「NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO」の公開収録が、11月25、26日に東京・NHKホールで行われた。本記事では2日目の模様をレポートする。

「SONGS OF TOKYO」は2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを前に、世界の人々に日本の文化を紹介すべく、東京の“今”を象徴する音楽を届ける番組。2日目には、PerfumeLinked HorizonLiSAAKB48世界選抜、関ジャニ∞MIYAVIX JAPAN久石譲が出演した。一番手のPerfumeのパフォーマンスは空手の型や、手裏剣を投げるような和のテイストを感じさせる振り付けを交えた「FLASH」に始まり、ステージ後方の全面LEDスクリーンともシンクロした内容で観客を魅了。海外公演でおなじみの英語版の自己紹介を交え、会場に集まった海外からのファンも喜ばせつつ、最後にあ~ちゃんが「一応私たちの新曲」と紹介したフューチャーベースナンバー「If you wanna」を届けた。

続けて、2013年の「第64回NHK紅白歌合戦」以来およそ4年ぶりにNHKホールのステージに上がったのは、Linked Horizon。淳士(Dr)をはじめとするバンド、ストリングス隊、パフォーマー、コーラス隊と大所帯のメンバーをバックにRevoは、まずテレビアニメ「進撃の巨人」のオープニングテーマとして話題を集めた人気曲「紅蓮の弓矢」を歌唱した。彼が次に「進撃の巨人 season2」のオープニングテーマ「心臓を捧げよ!」のタイトルコールをすると、それに呼応してファンが一斉に「はっ!」と敬礼をする場面もありつつ、アニメの世界感を連想させるような勇ましいライブが展開された。

LiSAはテレビアニメ「ソードアート・オンライン」アインクラッド編のオープニングテーマであるハードなロックチューン「crossing field」を投下したほか、「Rising Hope」「Catch the Moment」と自身の代表曲を惜しみなく披露。MCでは「緊張してるけど、みんなに会えてうれしい」と英語で語ったほか、中国語で挨拶をして中国語圏のファンから歓声を浴びた。

AKB48世界選抜はAKB48をはじめ、国内5つのグループと、インドネシア・ジャカルタのJKT48、タイ・バンコクのBNK48、台湾・台北のTPE48のメンバーからなる60名が集結。国内グループからは柏木由紀、松井珠理奈、小栗有以、岡田奈々らが参加する中、AKB48グループ総監督の横山由依はパフォーマンス前に世界160カ国でオンエアされる同番組の視聴者に向けて「ぜひ秋葉原に会いに来てください」と挨拶した。日本語以外の言語の歌詞を織り交ぜながら「会いたかった」から「恋するフォーチュンクッキー」まで計4曲を届け、場内に華やかなムードをもたらした。

MCのホラン千秋、有働由美子アナウンサーが、海外からの来場客にJ-POPの魅力を聞くコーナーを経て、続いては関ジャニ∞が登場。「We're 関ジャニ∞ from Osaka!」と錦戸亮が叫んでから、バンドセットで「High Spirits」「Tokyoholic」「NOROSHI」をエネルギッシュに届けた。一旦ステージから降りて、観客の目の前に立った7人は、錦戸の大ファンであるというブラジル人女性たちの目の前でトークを展開。ビビッドな青色に髪を染めた安田章大が自身のヘアカラーを存分にアピールするなどコミカルなやり取りを交えつつ、海外にも多くのファンがいることに刺激を受けたようで、未経験の海外公演にも意欲を見せていた。

続いてライブを行ったのは、先日UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使に日本人として初めて任命されたMIYAVI。持ち前のギターテクニックとアグレッシブなアクションで「Raise Me Up」などを演奏し、ラストには難民キャンプの視察のあとに制作した“決意の歌”だと言う「Fire Bird」まで圧巻のステージを見せつけた彼は、「自分の音楽だけでなく、日本の新しいよさに気付いてくれる海外の方がいてくれるのはうれしい。勝ち負けではないけれど、日本人としてこれからも世界と勝負していきたい」とコメントした。

有働アナウンサーが「ついに登場です」と紹介したあと、悲鳴にも近い歓声を浴びながらX JAPANが姿を現した。ステージにはクリスタルピアノが鎮座しており、5月に頚椎の手術を受けたYOSHIKI(Dr, Piano)はこの日、ピアノを演奏。バラード「La Venus」からYOSHIKIのピアノソロを経て、Toshl(Vo)はこの模様が2018年1月に日本のお茶の間および世界各国にオンエアされることに触れてから「明けましておめでとう!」と新年の挨拶をした。YOSHIKIはマイクを持って各国のファンとコミュニケーションを取り、Toshlから首の調子を聞かれると「まあまあ」と答え、「早くドラム叩けるといいね」というコメントに対しては「来年には叩けるように。あ、来年の放送だからもう叩いてるかもしれない」と含みをもたせた発言をしつつ、笑顔を見せ、最後に「Endless Rain」を演奏した。

パフォーマンス後、YOSHIKIは関ジャニ∞の村上信五がMCを務めるトークコーナーに参加。東京フィルハーモニー交響楽団を指揮して大トリを飾る久石譲もそのコーナーに加わり、日本の代表的な作家が肩を並べた。久石は海外ファンのメッセージに耳を傾けつつ、宮崎駿監督のスタジオジブリ作品を通じて、世界各国の人々に自身の音楽に触れてもらっていることの喜びを改めて述べた。また来たる2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてYOSHIKIは「日本人として、貢献できれば光栄です」と話し、久石は「オリンピックはスポーツの祭典ですが、日本の文化、古いものだけではなく、現在進行系の文化を知ってもらうことが大切だと思います」とコメント。村上は2日間を通して多彩なアーティストが登場した公開収録を振り返りながら、「多様化した日本の音楽が広がっていくのはすごいことですね」と興奮気味に語った。その言葉を受けてYOSHIKIは「ポップ、ロック、クラシックは西洋のイメージが強いですが、日本、そしてアジアから発信していきたいですね」と自らの思いを伝えていた。

そして公開収録のラストを飾った久石は、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」のテーマ曲「Links」や、アニメ映画「千と千尋の神隠し」の主題歌「One Summer's Day」、サントリー「伊右衛門」のCMソング「Oriental Wind」を披露。息を呑むような美しいアンサンブルが場内を包み込み、客席からはスタンディングオベーションが送られた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「NHK WORLD presents SONGS OF TOKYO」

NHKワールドTV

パート1:2018年1月1日(月・祝)7:10~7:58
パート2:2018年1月1日(月・祝)8:10~8:58
パート3:2018年1月2日(火)7:10~7:58
パート4:2018年1月2日(火)8:10~8:58

NHK総合

2018年1月8日(月・祝)時間未定

音楽ナタリーをフォロー