音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

桐嶋ノドカ×こゑだツーマンライブ決定、ryo(supercell)はニコ生から「88888888」

65

左からこゑだ、桐嶋ノドカ。(撮影:結城さやか)

左からこゑだ、桐嶋ノドカ。(撮影:結城さやか)

桐嶋ノドカが、最新シングル「言葉にしたくてできない言葉を」の発売日にあたる11月22日に東京・ニコファーレでライブイベント「【ryo (supercell)がニコ生に初参戦!】桐嶋ノドカSPECIAL LIVE @ 六本木ニコファーレ」を開催した。

このライブは当日のCD購入者限定で行われたもので、パフォーマンスの模様はニコニコ生放送で生配信された。ニコ生の記者席エリアからは、小林武史と共同で本シングルをプロデュースしたryo(supercell)がコメントで参加。場内のLEDスクリーンには桐嶋の歌唱後にryoや一般の閲覧者が「88888888」と拍手を送ったり、楽曲にあわせたCG映像が投影されたりとニコファーレならではのイベントとなった。

桐嶋は登場するなり、まず「How do you feel about me ?」を披露。LEDを使ったスペーシーな映像演出の中で、すごみのある歌声を響かせた。その後、フリーアナウンサー・荘口彰久が司会を担当したトークコーナーでは、小林とryoという2名のプロデューサーに迎えたシングルの制作期間を振り返り、「共同作業はとても楽しかったです」とコメントした桐嶋。続けて彼女はバンドメンバーを迎えて、supercell「君の知らない物語」、EGOIST「Departures ~あなたにおくるアイの歌~」、supercell「メルト」のカバーをメドレーで歌唱した。ニコ生の閲覧者からは「選曲が神」「これは嬉しい」「もう涙止まらない」といった感想が多数寄せられていた。桐嶋はさらに「夜を歩いて」「言葉にしたくてできない言葉を」と、自身が主演を務める映画「爪先の宇宙」の挿入歌と主題歌をドラマチックな映像演出と共に届けた。

イベントの終盤にはsupercellのボーカリストとしても知られるこゑだがサプライズで登場。初対面だと言う2人が並んだところで、2018年1月25日に東京・UNITにてツーマンライブが行われることがアナウンスされた。こゑだは「歌唱力のある桐嶋さんと一緒にライブをやるなんて、すごいライブになる予感です!」と期待に胸を躍らせた。こゑだの退場後、アンコールで桐嶋はYEN TOWN BAND「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」をカバー。最後に「今日のリリースを迎えられてうれしいです。歌が歌えてよかったと思っています」と話してステージをあとにした。

「桐嶋ノドカ × こゑだ SPECIAL LIVE」

2018年1月25日(木)東京都 UNIT
<出演者>
桐嶋ノドカ / こゑだ

音楽ナタリーをフォロー