音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

桐嶋ノドカ、映画「爪先の宇宙」舞台挨拶に北村諒、廣瀬智紀らと登場

68

「爪先の宇宙」先行上映舞台挨拶の様子。左から加村真美、名塚佳織、北村諒、桐嶋ノドカ、廣瀬智紀、美沙玲奈、谷内田彰久。

「爪先の宇宙」先行上映舞台挨拶の様子。左から加村真美、名塚佳織、北村諒、桐嶋ノドカ、廣瀬智紀、美沙玲奈、谷内田彰久。

映画「爪先の宇宙」の先行上映舞台挨拶が11月17日に東京・TOHOシネマズ 上野で行われ、ダブル主演を務める桐嶋ノドカ北村諒をはじめ、加村真美美沙玲奈名塚佳織廣瀬智紀のキャスト陣、谷内田彰久監督が登場した。

「爪先の宇宙」はmanniの同名マンガを原作とする作品で、人との関わりを絶っていた少女・亜紀の過去や心の声、成長を描くドラマ。桐嶋が亜紀役、北村が亜紀に恋愛感情を抱くドSな先輩アンジ役を演じている。桐嶋は「今日の日を内心ドキドキしながら迎えたんですが、皆さんに楽しんでいただけたようでほっとしています」と話し、北村は「こんなに多くの方に先行上映に来ていただいて、本当にあったかいお客さんだなと思います」とそれぞれ語った。

またこの日の衣装はearth music&ecologyを展開するストライプインターナショナルから提供されたもので、このうち桐嶋、北村、美沙の衣装は映画でのキャラクターをイメージしたコーディネートに。桐嶋は「亜紀をイメージした色や素材で、星の刺繍が施してあったりしてかわいいんです」と自身が着用している衣装を紹介した。このほか撮影時のエピソードとして、谷内田監督は「僕は自他共に認める雨男なんですけど、見事に5日間の撮影中ずっと雨でしたね(笑)。でも、雨のシーン大好きなんで僕には楽しい撮影でした」と笑顔を見せ、桐嶋は「マンガの中でがんばる亜紀に突き動かされるように、私もがんばっていました。監督やキャストの皆さんに支えられたおかげで乗り切れた撮影でした」と振り返った。映画「爪先の宇宙」は12月1日より神奈川・チネチッタほか全国の劇場で順次公開される。

なお桐嶋は主演のみならず、同映画の主題歌「言葉にしたくてできない言葉を」の歌唱アーティストを担当。この曲は小林武史とryo(supercell)の共同プロデュースによって制作されたシングルの表題曲で、11月22日にリリースされる。

音楽ナタリーをフォロー