映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「爪先の宇宙」桐嶋ノドカの歌声に北村諒が照れ笑い、廣瀬智紀は「生きてていい?」

297

「爪先の宇宙」主題歌披露試写会の様子。左から廣瀬智紀、北村諒、桐嶋ノドカ、谷内田彰久。

「爪先の宇宙」主題歌披露試写会の様子。左から廣瀬智紀、北村諒、桐嶋ノドカ、谷内田彰久。

爪先の宇宙」の主題歌披露試写会が本日10月25日、東京・HIT STUDIO TOKYOにて開催され、キャストの桐嶋ノドカ北村諒廣瀬智紀、監督の谷内田彰久が登壇した。

manniのマンガをもとにした「爪先の宇宙」は、人との関わりを絶っていた少女・亜紀の過去や心の声、成長を描くドラマ。桐嶋が亜紀、北村が亜紀に恋愛感情を抱くドSな先輩アンジを演じ、廣瀬が店長のユウに扮している。

イベントでは主題歌を歌う桐嶋のミニライブを実施。主題歌の「言葉にしたくてできない言葉を」と挿入歌の「夜を歩いて」を披露し、観客を魅了した。

「夜を歩いて」では作詞も担当している桐嶋は「亜紀ちゃんのことを考えて作った曲です。披露できてうれしい」とコメント。桐嶋の歌声を生で初めて聴いたという北村は「お芝居をしているときと別人。本当に素敵でした」と述べ、照れ笑い。廣瀬は「きたむー(北村)の言う通りアーティストとしての顔と俳優としての表情が全然違いました。あと自分をちっぽけに思いましたね……生きてていいのかな?と感じちゃうぐらい」と冗談交じりに感想を語る。

自身の演じた亜紀に対して桐嶋は「原作を読んで心の奥底で自分との重なりを感じました」と述懐。廣瀬が「カラオケBOXで、夜から朝までずっと撮影してました」と撮影について述べると、桐嶋は「朝なのか昼なのかわからなくなりましたね」と振り返る。

最後の挨拶で北村は「観ていただいた方の心のどこかに引っかかったり、共感を呼べればうれしいです」、桐嶋は「人の心の小さな動きを描いてます。その動きを丁寧にすくい取った作品になっています」と思いを語った。

「爪先の宇宙」は、11月より全国にて順次公開。

映画ナタリーをフォロー